2013/5/15 | 投稿者: マルセタロー

夏目先生をお招きして「性に秘められたスピリチュアルパワー」というセミナーを開催致しますが、その関連知識として以前読んだ本を、再確認の意味でもまとめておこうかと思います。この「マグダラのマリアと聖杯」(マーガレット・スターバード著)は本の帯にも書かれていますが、「ダ・ヴィンチ・コード」のタネ本の一つといわれています。副題は「雪花石膏(アラバスタ)の壷を持つ女・タロットカードの暗号を解く」となっており、タロットの象徴についても多く言及されています。内容は多岐に渡りますが、非常に分かりやすい本でした。最近、記憶力が怪しくなっているので・・(^_^;)、後から自分が見ても思い出せるように、要点をまとめたいと思います。

著者のマーガレット・スターバード氏は、メリーランド大学大学院でヨーロッパ史と比較文学を修め、文学博士号を取得。その後もドイツやアメリカの大学で研究を続け、聖書研究や霊性に感する講義を担当していたということです。もともとはこういったアカデミックな立場だったんですが、「The Holy Blood and The Holy Grail」(邦訳「レンヌ・ル・シャトーの謎−イエスの血脈と聖杯伝説」)を読んで衝撃を受け、それに反駁するための研究を始めたのが、そもそも本書を執筆するきっかけとなったとのこと。

ローマ・カトリック教会に深く帰依していた著者が衝撃を受けたその内容は、新約聖書の福音書に登場するマグダラのマリアとイエス・キリストが結婚していたという主張です。マグダラのマリアが教会で語られるときは「元々は罪深い娼婦であったが、その罪をイエスによって許された女性」という位置付けで語られる事が多いですが、なぜそのような位置付けになったのでしょうか?。これは福音書の中で、イエスに「七つの悪霊を追い出された」(マルコ16:1他)と記されているためで、「体から悪魔を追い払う」=「売春で汚れた肉体をイエスの力で浄化される」という解釈が行き渡っているためです。

さて、現代までに作り上げられてきた娼婦のイメージとは全く別に、聖なる存在としての娼婦というものが古代では知られていました。それが聖娼や神殿娼婦と呼ばれる存在です。これは古代バビロニアやパレスチナなどの地中海沿岸で信仰されていた地母神を祭る神殿に仕えていた巫女をさし、儀式として男性の信者と性的に交わって、男性信者と大地の女神との神秘的な一体感をもたらす媒介者としての役割を担っていました。これは俗世間における一般的な娼婦とは明瞭に区別され、聖なる存在として崇められていた存在でした。およそ紀元前7000年頃〜3500年頃までは、この女神崇拝が非常に盛んでしたが、紀元前3500年頃からのインド・アーリア族の侵入によって、男性の最高神の概念が中近東地域に入ってくるようになり、そして数世紀の時を経て、この男性神を信奉する宗教が、寛大な女神崇拝に徐々に取って代わっていくことになります。

女神崇拝の時代、王がその地位を確定するための儀式として、女神に仕える女祭司が王の頭に香油を注ぐ、という儀式が行なわれていました(この儀式はギリシャ語では「ヒエロス・ガモス」(聖婚)と呼ばれ、性的な意味合いも秘められています)。この儀式がユダヤに取り込まれたときに、王に香油を注ぐ役割は男性の預言者に変わっていき、そして王はヘブライ語で「メシア」、すなわち「聖油を注がれた者」として知られるようになります。このような背景があったことをを考えると、マグダラのマリアがイエスに香油を塗布した行為には様々な意味合いが考えられてきます(つづく)。



2013/5/11 | 投稿者: マルセタロー

新大阪に引っ越ししてから早くも2年が経ちましたが
こちらのルームでは、タロット講師の宮岡さんに
タロット教室を開催していただいたり
私自身は占星術の教室をさせていただいたりして
なんとか細々と活動しております・・(^_^;)

さて、今回はその宮岡さんと共同企画で
夏目祭子先生をお招きして神戸でセミナーを開催致します。

内容はズバリ「性に秘められたスピリチュアルパワー」
なかなか刺激的なタイトルですが
この分野で出版もされている夏目先生ですので
他ではあまり聞くことのできない内容になると思います。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

-----------------------------------------------------

「性に秘められたスピリチュアルパワー」

「性」は現代社会において、どことなくタブー視され
真摯に語られることがありませんが
古代叡智の多くの伝承において
「性(セクシャリティ)」は非常に重要視されています。
これは「性」があらゆるものの本質・根源であり、性を知り
その力をコントロールすることは、自分を高め
自身の飛躍的発展につながることになるからです。

今回、講師にお招きする夏目祭子先生は
この「性(セクシャリティ)」について深く探究を続けられ
現在は太古の母系制社会に基づく性のあり方について
広く全国で啓蒙活動を行われています。セミナーでは
私たちの誰もが持つこの「性」の本当の意味を知り
正しくかつ楽しく活用するための智慧と方法を
お伝えしていただきます。

【基本編】

 2013年6月1日(土) 14:00〜17:00
 ○性は「祈り」に似た行為
 ○太古の「性教育」のあり方
 ○ボディーワーク・レッスン他

【特別編】

 2013年6月2日(日) 11:00〜15:00(休憩1時間あり)
 ○性エネルギー交流で起きること
 ○性による高次意識の覚醒
 ○専門的な質疑応答

【受講料】

 基本編 5,000円
 特別編 6,000円
 両方参加の方は割引価格10,000円

【会場】

 兵庫県中央労働センター
 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通6-3-28
 TEL.078-341-2271
 ■神戸市営地下鉄「県庁前」駅西出口西へ徒歩5分
 ■JR西日本「元町」駅西口西へ徒歩10分

【夏目祭子先生プロフィール】

1964年生まれ。作家、カウンセラー。
「ヒメ・ヒコの愛(まな)び舎」主宰。
特に「性」と「食」の真実の仕組みの解明を得意分野とする。
1999年、ダイエット依存症克服体験を描いた
自伝小説『ダイエット破り!』でデビュー。
「聖なる性の真実」「魂に響く性教育」の語り部として
2002年より講演活動を開始。
世界エイズデー、看護学校、看護師研修会
教育委員会、私立女子校などにも招かれる。
「体の声を聞くアンチダイエット」提唱者として
食と体型に悩む人々のサポートを行い
多くのダイエッター、摂食障害経験者
医師・セラピストから支持されている。
・ヨーガ塾シュリ・チャクラ 認定講師
・ナガク’奥義学校認定「ヨガマヤ大学」修了
 マヤのファイアーウーマン伝授を受ける。

・主な著書
『なぜ性の真実「セクシャルパワー」は封印され続けるのか』
(ヒカルランド)
『ダイエットやめたらヤセちゃった』(彩雲出版)
『知的アンチダイエット生活』(新潮社)他

夏目祭子先生のブログ

【お申込み】
こちらのサイトよりお願いいたします

【その他】
・宮岡さんによるセミナーの紹介記事
・セミナーのチラシ→ziv.pdf






AutoPage最新お知らせ