2010/12/20 | 投稿者: マルセタロー

【創世記4〜6章】

Cアダムとエバに、カイン(兄)とアベル(弟)が誕生。カインは土を耕す者、アベルは羊を飼う者となる。兄弟は神に対して捧げものを行うが、神はアベルの捧げものには目を留めたが、カインの捧げものには目を留めなかった。その事に怒ったカインはアベルを殺害する。カインは地から呪われ、さすらい人となる。Dアダムの家系の説明(アダム〜ノア)Eネフィリム(文語訳ではネピリム)の記述あり。これは語源が「落ちる」の意味から「堕落した者たち」と解する事ができる。七十人訳では「巨人」。ノアが神の命によって箱舟を作りはじめる。寸法は長さ300×幅50×高さ30キュビト(1キュビト=約44センチで計算すると、約132m×22m×13.2mとなる)

【マタイによる福音書2章】

イエスがベツレヘムで誕生。東方の博士が黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げる(黄金はキリストの神性、乳香はキリストの聖性、没薬はキリストの死を表すとされる)。主の使いが父ヨセフにエジプトに逃れるように告げる。ヘロデ王の命令により、ベツレヘム周辺の2歳以下の男子が全て殺害される。

今回は旧約も新約もかなりエグイ話ですが、旧約はこの先も更にエグイ話が続いたかと思います・・(^_^;)




2010/12/19 | 投稿者: マルセタロー

大体1年に1回ぐらい、聖書を読むぞー!という気になるんですが、1ヶ月続いた試しがありません。この際ですから、どこまで読んだか記録しようかと思います。 続いた事がないので、本当かどうか分かりませんが 、旧約聖書は1日3章、新約聖書は1日1章ずつ読むと、一年で一回りするらしいです。備忘代わりに、気になったトピックを記載していきます。ちなみに読んでいるは日本聖書刊行会の「新改訳聖書」なんですが、用語は「文語訳聖書」の方が、格調高くて好きなので、そっちの用語を使ったりもします。

【創世記1〜3章】

@天地創造神話、Aアダムとエバ誕生の経緯、エデンの園の中央に「生命の樹」と「善惡を知る樹」を設置、B蛇の登場、アダムとエバが「善惡を知る樹」を食べて楽園を追放される、神は「生命の樹」への道を守るために、エデンの園の東に「ケルビム」と「自ら旋轉る焔の劍」を置いた。

【マタイによる福音書1章】

イエスの家系の説明(アブラハム〜ダビデ〜イエス)、処女懐胎によりイエスが誕生

しかし、素朴な疑問ですが、イエスは父親のヨセフとは関係なく処女マリアから生まれているのに、マタイ第1章の系図は長々と父親の家系図だったりします。まあ、父性家系が重要視されていたことなんでしょうね・・・。






AutoPage最新お知らせ