2006/5/30 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「鮎」です。薯蕷饅頭でしたが、なにか見た記憶があったので調べてみると、昨年の6月14日に頂いていました。何だか一回りした感じで、私にも少しは年季がはいって来たかなぁという気がします。お菓子についてですが、先生が「薯蕷は表面の焼きが変わるだけで、中身はあまり変われへんねぇ〜」と仰っていましたが、確かにそうです(苦笑)

お点前は引き続き「16番」の冷煎のお点前です。これはお点前自体はそれほど難しくないんですが、初めての冷煎点前ですので、味加減がなかなか微妙です。結構茶葉を多目に入れるんですが、どうも勘が狂って一煎目がエラク薄味になったりしました。これは経験あるのみですね。


2006/5/25 | 投稿者: マルセタロー

5月も残すところ僅かとなりましたが、5月〜6月の出演予定です。

 5月27日(土) 難波「よしもと開運健康幸福百貨店」
 6月 3日(土) 難波「よしもと開運健康幸福百貨店」
 6月10日(土) 難波「よしもと開運健康幸福百貨店」


「よしもと開運健康幸福百貨店」のホームページ

2006/5/23 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「撫子(ナデシコ)」です。表面は練り切りで、中は漉し餡です。あざやかな色合いのお菓子で、見た目もお味も楽しめるものでした。しかし、撫子と言われれば撫子に見えますが、もしこれがカーネーションと言われれば、別にカーネーションでもおかしくないなぁ、という話をしていました。

お点前は先週に引き続き「16番」です。48回目の記事に写真がありますが、これはお盆の上に茶碗が伏せて重ねてありますので、これを3つ、もしくは2つ丸ごと移動するのが、今までとは違うパターンのお点前です。ちなみに玉露を水だしするお点前ですが、結構短時間にも関らずよく味がでています。


2006/5/22 | 投稿者: マルセタロー

えー、予めお断りしておきますが、今回の話には結論がございませんので、あしからずご了承ください・・m(_ _)m。

と、お断りしたうえで、この写真ですが、某所にて撮影したものなんですが、さてどこだと思われますか?

クリックすると元のサイズで表示します

答え

宇治にある黄檗山萬福寺です。なにゆえワタクシがお寺に行っていたかといいますと、日記にもあります通り、習っている煎茶道の全国大会が萬福寺で開催されていたからです。で、上の写真にある王冠模様を目にした訳ですが、これは別に秘密の場所に隠されていた訳ではなく、本堂のすぐ近くの通路に置かれていた、長椅子の背もたれに彫ってあったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、この徳川家の三ツ葵のような紋章と交互にデザインされていました。

まあ、普通の人でしたら、あまり気にしないでしょうが(といっても、かなり違和感ありましたが・・)、王冠の上にある十字は結構意味深です。というのも、この十字の形ですが、テンプル騎士団(聖堂騎士団もしくは神殿騎士団とも言います)が使用していた十字に非常に似ているからです。

最近話題の「ダ・ヴィンチ・コード」で、秘密結社とされるシオン修道会は、このテンプル騎士団と非常に関係が深いとされていました。テンプル騎士団自体は、14世紀にフランス王フィリップ4世の陰謀によって悪魔崇拝の汚名をきせられて壊滅させられますが、それまでは非常に大きな権力を持った騎士修道会でした。

しかし、なにゆえそんな意味深な十字が描かれた椅子が、禅寺の通路に置かれているのか?暇そうなお坊さんがいたら聞いてみようかと思いましたが、皆さん忙しそうにされていましたので、聞きそびれてしまいました(残念)。

椅子はそれほど年代モノでもなさそうでしたし、貴重という訳でもなさそうでしたが(現に私が座っていましたし)、しかし、どういう経緯でここに置かれることになったのか、謎は深まるばかりです。時期は未定ですが、次回の調査にご期待下さい・・(^^;)

2006/5/21 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

私が習っている流派が所属する「全日本煎茶道連盟」の全国大会が、宇治にある黄檗山萬福寺にて開催されました。これは煎茶道の各流派が萬福寺内のそれぞれの施設で席を設けて、その中から3席選んでお茶を頂くというものです。なお、いやらしい話ですが、入場券は5千円です…(^_^;)

今回は土日の2日間で行なわれましたが、私は日曜に行ってきました。朝の9時に萬福寺三門で、先生をはじめとする教室の皆さんと待ち合わせしまして、まずは自分の所属する流の席に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は家元が直接指導されている教室が担当されていたようですが、それはさておき、ここでかなり危ない体験をしました。というのも、部屋に入る順番が遅かったため、押し出されて結構上座に座ってしまい、お点前風景やお菓子などを撮影できないのは勿論、あとちょっとで正客になってしまうところでした…。いやー、ヤバかったです(^_^;)

ちなみに、写真はお点前が終わったあとに、少しのあいだ、設えを拝見できる時間が設けられていましたので、その時に撮影したものです。なんとなーく道具から高そうなオーラが出ていました…。

さて、その後ですが、どうもこの大会で設けられているお茶席は、時間が後になればなるほど、待ち時間が長くなるらしく、一緒にいった皆さんはその辺を心得ておられるため、次々と早めにお茶席をハシゴされていきました(金魚のフンのようにくっ付いていく私も同様です)。

クリックすると元のサイズで表示します

屋外でも席が設けられていまして、こんな感じでお点前席が設営されています。結局、あとの2席は、黄檗幽茗流さんと愛茗流さんで頂くことになりました。どちらも関東を中心に活躍されておられる流派で、ここまでの道中の苦労話なども話されたりしていました(例えば、設えに必要なお花をどうやって持ってきたか等々)。

そうそう、愛茗流さんのお席の時に、かなりご年配の男性が、案内されて正客に座られました。えらく腰の低い方で、一体誰なんかなぁ?と思っていましたが、席で解説をされていた愛茗流のお家元が、皆さんに紹介されまして、お茶の老舗の伊藤久右衛門さんの十何代目かのご主人とのことでした。家元とお二人でお茶に関するウンチクなどの会話がありまして「へぇ〜」と感心しながら聞いていた次第です。お点前の方も気合が入っていたのか、こちらで頂いた玉露はびっくりするぐらい美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、長くなってきましたので、そろそろ締めくくりたいと思いますが、最後に眼福になるものを一枚。ちょっと光が映りこんでしまいましたが、今回の大会では、煎茶道で使う道具の工芸展も開催されていました。その中でも、とびっきりのお値段だったのがこの鉢で、三浦竹泉さんの作ですが、200万ぐらいしてました。こんなのに和菓子を入れたりすると、運ぶのがドキドキでしょうね…(^_^;)


2006/5/20 | 投稿者: マルセタロー

えー、先日また徹夜しまして、ハリー・ポッターの第6巻「ハリ・ポッターと謎のプリンス」を読了しましたので、ネタバレしない程度に書いておきます。

まず、ファンとしては「あー面白かった」&「早よ続きを書いてくれ」というのが正直なところです。今回も前作、前々作に引き続いて重要人物との悲しい別れがあり、また「ビバリーヒルズ高校白書」並の青くさーい恋愛模様もテンコ盛りです(青臭いですが、これが結構面白いんですねぇ)。あと、いつも巻末に登場する翻訳者の松岡節も健在で、松岡氏のでしゃばり具合には、最近慣れてしまって、脱線具合が楽しみになってきました。

ファンゆえの意見でしょうが、作者のローリング氏の伏線の張り方は、毎回感心させられます。読者の予想をはずしながら、それでいてうまく着地させるのは見事です。今回も「謎のプリンス」(原題では「the half-blood prince」ですから、正確には「混血のプリンス」ですが、日本語版はローリング氏の許可を得て「謎のプリンス」にしたとのこと)ですから、てっきりヴォルデモート卿かと思いきや、意外な人物がプリンスの正体だったりしますし、あと最重要人物が亡くなりましたので、ますます最終巻の展開から目が離せなくなりました。

考えてみると、最近はフィクションをあまり読んでいませんし(読んだものといえば、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」と「天使と悪魔」ぐらいです)、続きものとなると、本当にハリー・ポッターぐらいです。昔はSF(サイバー・パンク物や、R.A.ハインラインとか好きでしたねぇ)やファンタジーもちょくちょく読んでいましたが、最近はサッパリです。多分読めば面白いんでしょうが、あまり読みたいと思わなくなりましたね。年なんですかねぇ…(^_^;)

さて、ハリー・ポッターも次が最終巻ですが、どのような結末が用意されているのか非常に楽しみです。といっても、また2,3年後になるんでしょうね・・。それぐらいになると、前巻の話の記憶がかなり曖昧になってしまって、思い出すのに結構苦労するんですね、これが(苦笑)



2006/5/16 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「落し文」です。はて?何ゆえ「落し文」なのか?そもそも「落し文」とは、公然とは言えないことを文書にして落としておいたり、直接相手に渡すのが憚られる手紙を、相手の目に付くところに落としておいたりする事のようです。これに引っ掛けて、オトシブミ科の昆虫が、広葉樹の葉を巻いて巣を作り、中に卵を産み付けたものが、林の中に落ちていたりしますが、これを「ホトトギスの落し文」と言ったりするそうです。ホトトギスが書いた巻紙の恋文をイメージしたようですね。昔の人は洒落たネーミングを考えるものです。この和菓子はその落し文から来ています。表面は練り切りで、中は久しぶりの粒餡でした。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、お点前の方は「16番」に進みました。本当は「15番」なんですが、15番で使う茶箱を他の人が稽古されているので、今回は一歩先回りということで。写真はお点前開始前の全景です。道具の方は見慣れたものばかりなんですが、実はこのお点前は冷煎淹れでして、急須の中に入っているは湯冷ましした冷水だったりします。夏向きのさっぱりしたお茶が楽しめます。

2006/5/9 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「青かえで」です。ちょっと写真が黄色味がかっていますが、その辺はご愛嬌ということで。表面は練り切りで、中は漉し餡でした。しかし最近、和菓子が歯に沁みるようになってきたので、そろそろ歯医者に行かないとマズそうです。歯医者嫌いなんですが…(^_^;)

お手前は引き続き「14番」です。先週はゴールデンウィーク真っ最中にも関らずお稽古があったんですが、ちょっとバタバタしてまして行けませんでしたので、2週間ぶりとなりました。しかも今回もほとんど復習せずに行きましたので、お手前が全然頭に入っていなくて、最初は冷や汗タラタラでした。一回やると大体思い出すんですけどねぇ。しかし、焙じ茶は本当にいい香りです。


2006/5/8 | 投稿者: マルセタロー

最近は読書の傾向がちょっと偏っておりまして、俄かに東洋モードに入っています。その火付け役は謝明徳(マンタク・チャ)氏の一連の著作です。たまたま東洋医学のコーナーで立ち読みしまして、ハマってしまいました。ここでは「タオ人間医学」のリンクを貼っていますが、その他にも「気内臓療法」「鉄布衫功」「タオ性科学」「五行帰一」等の本が翻訳されていまして、そのどれもが非常に興味深い内容です。しかし、どれも医学書というか、専門書のノリで結構なお値段だったりするんですが・・。最初は図書館で借りて読もうかと思いましたが、読み始めるとどれも手元に置いておきたくて、結局購入してしまいました。

ちょっと話は横道に逸れますが、京都の図書館はかなりショボイです。知り合いに大阪の府立図書館をよく使われている方がいるんですが、聞いているとあちらの方が使い勝手も蔵書量も相当上です。京都の府立図書館は平安神宮のすぐ近くという、緑に囲まれたなかなか良いロケーションにありますが、蔵書のほとんどが倉庫に入っているので、受付でその本を出してもらわないといけないので、そもそもその本の存在を知らないと、手に取ることが出来ません。ですので本との偶然の出逢いがなかなか無い訳です。しかも私がよく読むいわゆる精神世界系や宗教系、武術系は蔵書量がイマイチでして、インターネットから蔵書の検索は可能なんですが、検索してもガックリくることが多いです。

しかもついでに書いておくと、ネットから予約できないお粗末さで、建物は立派ですが(税金の無駄遣いさを感じるバブリーな作りをしています)、お役所仕事だよなぁと行くたびに思ってしまいます。あと、市立図書館でも府立図書館でも寝てる人がやたら多い。机やソファで熟睡している人を見るたびに、仮眠室か雑魚寝する部屋でも作った方がいいんじゃないかと思ってしまいます(っていうか「寝るんやったら、家で寝ろよ!」と本当は言いたい訳なんですが…(^^;)

話を戻しまして、謝明徳氏の経歴ですが、タイ出身の中国人の方です(1944年生まれ。ご両親が中国人)。幼少の頃から仏教式の瞑想やムエタイ、太極拳等を学ばれ、その後、香港で過ごされた学生時代に本格的にタオの老師に師事されて、小周天などのタオの技法を習得されました。また20代以降はシンガポールやタイで別の老師に師事されて、クンダリーニヨガや気内臓療法、少林・内勁法等の伝授を受け、またヒーリングエネルギーの背後にあるメカニズムを深く理解するために、西洋医学と解剖学も専門に学ばれています。その後、ヒーリング・タオ・システム(後にユニーバーサル・タオ・システムに改称)として技法を確立され、タイにセンターを設立。1979年にはニューヨークにもセンターを創設され、現在では世界中に広がりを見せています(ちなみに一連の著作はアメリカで出版された英語の本で、「タオ人間医学」の日本語訳の監修は帯津良一氏がされています)。

もともと私は高藤聡一郎氏の著作で仙道や気功に興味を持ったくちですので、この手の本も何冊か読んでいますが、その中でも謝明徳氏の著作はそのわかりやすさ(ココ強調!)と、内容の深さは今まで読んだ中ではダントツです(お値段も…)。この手の関係では、東洋文庫に入っているアンリ・マスペロ著「道教」や、人文書院からでているR・ヴィルヘルム著「黄金の華の秘密」も読んでいますが、かなり高尚な感じでとっつきにくく、説明も抽象的です(大滝秀治風にいうと「おまえの話はつまらん!」と言いたくなるような…)。しかし、謝明徳氏の著作は打って変わって、やたらと?わかりやすく、その技法体系・説明が理路整然かつ具体的です。

本の内容を本当にざっくり書くと、小周天や内笑瞑想、六字訣といった技法の説明といえますが、その中でちりばめられている知識が結構驚くようなものが多いんです。最近、他の本でEMDRに関する内容を読んでいましたから「マインドと目のつながりに関する」箇所を読んだ時には「やっぱりそうなんかー!!」と思いましたし、あと松果体と視床下部が北極星・北斗七星と関連づけられているところ等は、私的にはかなりツボだったりしました(これはタロットカードの7番「戦車」とも関係が非常に深いです)。

しかし現在、自室で木刀を振りながら熟読しているのは「鉄布衫功」(てっぷざんこう)という、謝明徳氏の気功に関する著作だったりしまして、これについては後日まとめたいと思います。






AutoPage最新お知らせ