2005/11/29 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお菓子は「椿」です。目に鮮やかな色彩ですし、味の方もお茶とよく合うものでした。一時期は「もみじ」ばかりで、マンネリかなぁと思いましたが、最近はニューフェイスのお菓子が多いので、毎回楽しみにしています。

さて、お手前の方はまたもや進みまして「10番」となりました。しかし、こいつぁちょっと一筋縄ではいきそうにありません。

クリックすると元のサイズで表示します

これが「10番」の開始前の全景写真なんですが、よーくご覧いただければ分かるんですが、棚などの配置が丸ごと左右逆となりました。茶宝(急須)にお湯を入れたりするのも左手を使いますし、茶碗にお茶を注ぐ順番なども変わりますので、これはちょっと難儀しそうです。

2005/11/22 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお菓子は「寒牡丹」です。なにか見たことがあるような気がしましたが、19回目の「唐錦」とどことなく似ています。今日は休みの生徒さんが多くて、一人2個ずつとなり、終わるころにはかなり満腹になってしまいました。

今日もお手前の方は進みまして、ついに「9番」となりました。先週の「8番」との違いは煎茶が玉露になっただけですので、これも結構難なくクリアできそうな感じです。うっしっし。習い始めてから丸8ヶ月ぐらい経ってきましたが、なんとなく板についてきたような気がします。

2005/11/15 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお菓子は「初霜」です。本当はもうちょっと表面が粒々した感じなんですが、先生が持ってこられる時に団子状態になってしまったとボヤいておられました。中は漉し餡と粒餡のものが両方あったようですが、私が食べたのは漉し餡の方です。ちょっと普段と比べると甘味がきついように思いましたが、私が淹れた煎茶が渋くなったので、結果オーライでした

クリックすると元のサイズで表示します

なんとお手前の方はトントン拍子に進みまして「8番」に突入しました。今回からはお盆だけでなく、四方棚という棚を使ってのお手前です。手順的にはほとんど「5番」「6番」と変わりませんので、結構分かりやすいものでした。それにしても、見た目が立体的になって、雰囲気が出てきた気がします。

しかし、最近は玉露のお手前ばかりでしたので、久しぶりに煎茶を淹れたところ、かなり渋くなってしまって、まだまだ修行が足りんなぁと感じました。

2005/11/8 | 投稿者: マルセタロー

今回もデジカメを忘れてしまいました。折角「織部」という新顔の和菓子だったのに勿体無いことをしました。これはお饅頭でしたので、手で割って食べるタイプですが、今日のはなかなか綺麗に割れずに苦労しました。これがお茶会などで出されたらちょっと恐怖です。

お手前は引き続き「7番」です。最近は特訓形式といいますか、来年の3月に師範披露される方は、お運びからお手前までをずっとやっておられますし、私のほうにはベテランの方が横に付きっきりで指導して下さるので非常に緊張します。

さて、ここ2ヶ月ほど玉露のお手前をしていますが、最近自分で淹れた玉露が美味しくなってきている気がします。そりゃあ先生方と比べればまだまだなんですが。最初、煎茶の方が美味しいと感じていましたので、高級品は口に合わないんかな?と思っていましたが、玉露も慣れてくると段々と美味しく感じるようになってきました。こうしてハマっていく訳ですな

2005/11/6 | 投稿者: マルセタロー

京都府庁の旧本館は、国の重要文化財に指定されているそうです。ここで無料のお茶会やコンサートの催し物があるということで行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

竣工は1904年ということですから、今年で築101年ということになりますが、ルネサンス様式で歴史を感じさせる重厚な造りでした。外見も立派ですが、建物の中の階段の造りや、扉の枠なども非常に手の込んだ感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとピンボケですが、旧知事室です。1971年まで使われていたそうです。中の家具をよく見てみましたが、相当使い込まれており、これも歴史を感じさせました。

クリックすると元のサイズで表示します

実はどうしてこの催し物を知ったかというと、無料の煎茶席が設けられるとのことで、煎茶の先生が紹介して下さったからです。

クリックすると元のサイズで表示します

いただいたお菓子はまたもや「紅葉」でした。このお菓子とは縁があるようです。今回は10人以上の人が一斉にいただく席でしたので、どうするのかと思っていましたが、上の写真の屏風の後ろで、別の方が同時に作っているんですね。我々が見ているのは、写真に写っている方のお手前なんですが、この方たちが淹れ終わると同時に、屏風の後ろからもお茶が運ばれてきました。

お茶をいただいた後は、ホールでコンサートを聞くことが出来ました。その中で京都府立大学のギターマンドリンクラブの方の演奏がありまして、久しぶりの生の楽器の音色には非常に癒された気がします。ほっこりした気分で帰ってきました。

2005/11/2 | 投稿者: マルセタロー

以前は好きな映画の題名だけを羅列していましたが、寸評を加えて再掲載しました。また気が向いたときに増やしていく予定です。非常にいい加減な寸評なんですが


【邦画】

月とキャベツ/主演女優は今いずこ?
下妻物語/深田恭子の一世一代のはまり役だと思います
ロボコン/長澤まさみはこの時は無名でしたな
雨上がる/こんな嫁さんが欲しいです
どついたるねん/赤井の腹筋がステキ
たそがれ清兵衛/宮沢りえが良い!真田さんも渋いです
GO/これとピンポンの窪塚は好きなんですが
ピンポン/アクマ役の人が髪を伸ばすと変でした
洗濯機は俺にまかせろ/富田靖子のテレカ持ってました
ウォーターボーイズ/平山あや萌え
スウィング・ガールズ/ワンパターンではありますが
バタアシ金魚/浅野忠信が出演しているとは驚きました
戦場のメリークリスマス/この頃のたけしは良いですね

【アジア】

燃えよドラゴン/考えるな!感じろ!
少林サッカー/チャウ・シンチーを初めて知りました
ムトゥ踊るマハラジャ/映画館でバカバカしさにシビレました
青いパパイヤの香り/雰囲気が何とも言えず好きです
ドラゴンへの道/ブルース・リーの肉体は国宝級
マッハ!/ムエタイは凄いです。内容は・・・
猟奇的な彼女/韓国映画はあまり見ませんが、これは面白い
初恋のきた道/このチャン・ツィーには騙されました

【その他】

グラン・ブルー/これを見て水泳を始めました(三日坊主)
ディナー・ラッシュ/オープニングの曲と映像がお気に入りです
ゴースト・ドッグ/胡散臭いサムライぶりが素敵です
メリーに首ったけ/ベン・スティラーのファンになりました
ズーランダー/ベン・スティラーのおバカ映画
アマデウス/やっぱモーツァルトの曲はいいですねぇ
イングリッシュ・ペイシェント/マイ・ベストの一本
プリティ・ウーマン/脚などの局部アップは別人とのこと
メメント/エグいのはダメなんですが、なぜか見てしまう一本
ある日どこかで/クリストファー・リーブはお気の毒です
レオン/ナタリー・ポートマンは天才なんでしょうねぇ
セックスと嘘とビデオテープ/ナイスな屈折
マトリックス/速いと知れ!
アメリ/映画館で一人でみました
ミッドナイト・ラン/デニーロではこれが一番好き
シャイン/一時期ラフマニノフにはまりました
タクシー・ドライバー/デニーロって本当に何でもやります
羊たちの沈黙/このシリーズの他のはイマイチですが
ピアニスト/最後はものすごく後味悪いです
ピアノ・レッスン/マイケル・ナイマンの曲がいいです
ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
スナッチ/ガイ・リッチー監督のこの2本はお気に入り
トレイン・スポッティング/猫ってコワイ
パッション/考えさせられます(映画館で泣きました)
リトル・ダンサー/これは結構素直に感動。子供に弱いんです
バスキア/ヴィンセント・ギャロとは友達だったんでしょうか?
天使のくれた時間/ベタな展開ですが和みます
ニキータ/これがヒットして、ご夫婦は離婚ですか・・
ゴッドファーザー/人がバタバタ死にますな
ローマの休日/ペップバーンの晩年は見たくない
グラディエーター/最後はあそこまでいって失敗ですか
ブルース・ブラザーズ/レイ・チャールズの曲が一番好きです
ファイト・クラブ/ブラピもいい身体してますねぇ
仕立て屋の恋/暗くて救いがなく変態ちっく
恋におちたシェイクスピア/ベタですけど好きなんです
僕たちのアナ・バナナ/割礼って痛そう
サタデーナイト・フィーバー/ダンスがスローで笑えます

2005/11/1 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「小芋」です。なんかそのまんまのネーミングですが、中の漉し餡も微妙に芋風の味がしていたような気がします。

お手前の方は、ついに「7番」となりました。これは玉露の一煎淹れのお手前でして(今までは全て二煎淹れでして、一煎目はそのまま頂き、次にお菓子を食べ、その次に二煎目を頂くというパターン)、しかも茶碗が三つしかなく非常に短いお手前でしたので、正座が苦手な私には大変ありがたいです。

しかし、今日は教室に見学者が来られまして、なぜかずっと私の横に座って見学することになってしまい、違う意味で緊張した稽古でした。




AutoPage最新お知らせ