2005/10/31 | 投稿者: マルセタロー

【イベント等の参加について】

@各種イベントでも鑑定しています(10月)

  3(月) 近鉄百貨店上本町店 占いコーナー「宇宙の館」
  8(土) 近鉄百貨店上本町店 占いコーナー「宇宙の館」
 10(月) 近鉄百貨店上本町店 占いコーナー「宇宙の館」

2005/10/30 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

ふと冷蔵庫の野菜室の天上部分に目をやると、なにか得体の知れないものが写っているのが見えました。普段自炊をしない私は「何か入れてたっけ?」と思いながら恐る恐る開けてみると、中に入れていた人参からニョキニョキと芽が出ていました。

野菜も生きている。人参も生きている。みーんな生きているんだね。by立松和平風

2005/10/25 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回のお菓子は「菊」です。9月に「菊だより」というのがありましたが、それと形は似ていますが、こちらはお饅頭でして、手で割って食べるタイプです。しかし、最初はそれに気付かずに楊枝で切ろうして、楊枝が曲がりそうになりました。

お手前は引き続き「6番」です。これだけやっていると、さすがに覚えてきました。しかし、その前の「5番」は既に忘却のかなたに行ってしまった気がする今日この頃です。

最近、教室の生徒さんで焙じ茶をお稽古されている方がおられまして、これは教室内でお茶を焙じておられますので、とても香ばしい香りがします。頂いたお茶も、すごく透明感がありながら、味も香りも抜群ですので、これはいつか家でもやってみたいです。


2005/10/18 | 投稿者: マルセタロー

今日はデジカメを持っていくのを忘れてしまい、写真を撮ることが出来ませんでした。しかも、こんなときに限って「柿」という、なかなか凝った造詣のお菓子が出てきて残念無念です。

お手前はひたすら「6番」を稽古中です。このお手前は玉露なんですが、先生が玉露ばかり飲んでいたら、夜寝れなくなるとおっしゃっていたので「大げさやなぁ」と思っていたんですが、今日は自分で淹れた玉露をガブガブ飲んでいたところ、本当に朝まで眠れませんでした

2005/10/16 | 投稿者: マルセタロー

私が習っている煎茶の先生は、他でも教室を持っておられまして、そちらの方々が、「ぶらり嵐山」という施設で煎茶席を設けられるとのことで、久しぶりに嵐山まで足を伸ばしてきました。たまたまバイクが故障して修理に出していましたので、京都に住んではじめて、京福電車(通称:嵐電)に乗って行くことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは京福電車の四条大宮駅の構内です。四条大宮に住んでいますので、駅を外からみたことは数え切れない程ありましたが、中に入るのは初めてで、ちょっとした感動がありました。写真では人がまばらですが、徐々に増え始めまして、電車が出発する頃にはかなり満員となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

終点の嵐山駅についたときに撮影したものです。これに乗って京都の街中をノンビリと走っていくわけですが、終点まで行っても200円ですので、ボーっと景色を眺めながら京都観光ができると思えば、結構お得のような気もします。

クリックすると元のサイズで表示します

駅から会場までは5分ぐらいですので、着いたら早速お茶をいただくことになりました。ちょうどお手前は「6番」という事で、私が稽古しているのと同じでしたので、興味津々で拝見していました。ちなみに席が設けられていたのは、オープンテラスのような所でしたので、椅子席で楽チンでした。

クリックすると元のサイズで表示します

いただいたお菓子は「紅葉」です。これは教室でもいただいた事がありますが、今日のは紅葉していく様子をグラデーションで表したもののようです。玉露の濃厚さを味わいつつ、お菓子の美味しさを堪能しました。

クリックすると元のサイズで表示します

お茶席の会場を後にしまして、ぶらぶらと散策していると野宮神社という神社が見えてきました。実は当日は「斎宮行列」というお祭りの日だったんですが、私が嵐山に到着した時間には既に終わっていまして、少し残念でした。写真は境内の中にある庭の風景で、一面綺麗な苔が生えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、これはどこの門でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

そうです。答えは「嵐山吉兆」です。さすが高そうです。一度は食べてみたいものだと思いながら、ミーハー精神で撮ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

路上で切り紙をしている女性がいまして、結構人が集まっていましたので、なにか面白いことがあるのかと、ヤジ馬根性で近寄っていったところ、なんと犬を相手にしておられました。しかも、その2匹の犬は微動だにしないで神妙にしていたので、思わず笑いながら撮影しました。

とまあ、ノンビリとした嵐山散策でした。

2005/10/11 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「紅葉」です。ほんのりとした上品な甘みでした。といいますか、どうも知覚過敏らしく、甘さが控えめではないものや、チョコレートは歯に沁みる今日この頃です

お手前の方は引き続き「6番」です。どうもこれを徹底的にやる必要があるらしく、今月一杯はこれでいきそうな雰囲気です。そういえばこのごろ正座について書いていませんが、相変わらず改善されていません。といいましても、大体ひとつのお手前を2〜3回稽古しますが、1回目は大して痺れなくなってきました。しかし2回目以降はダメで、なかなか立てません。正式なお茶会に出るのは、いつになるやら。

2005/10/4 | 投稿者: マルセタロー

クリックすると元のサイズで表示します

今回の和菓子は「唐錦」です。どんどん秋向けのお菓子となってきました。

お手前の方は「6番」を継続中です。そういえば、教室に通っておられる4名の方が、来年の3月に師範披露(師範としてお手前を家元の前で披露します)をされるそうで、そのうちの2名の方はお手前が「6番」をされるそうです。私の方も勉強になるので、横からお手前をチラチラ覗かせてもらっています。


2005/10/3 | 投稿者: マルセタロー

イベントなどで百貨店や複合施設に行くことが多いんですが、そこで必ず使用するものに「お手洗い」があります。

最近のお手洗いにある洗面台は、水は蛇口は手をかざすと出てくる自動タイプ、あとエアータオルも完備されている施設が多いんですが、ここでちょっと気になっていることがあります。正確に統計をとった訳ではありませんが、どうも洗面台の水量・水圧とエアータオルの風圧は、そのお店の景気の良さと関係しているんではないかという事です。

私はどちらかというと、水も風も強めが好みなんですが、どうも景気がよい売り場は全般的に勢いがある感じなんですね。ところが景気が悪いところは、水も風もセコく感じさせるところが多いんです。

確かに省エネや環境問題を考えると、控えめであるべきだとは思うんですが、エアータオルの風圧がちょろちょろしたものですと「ホンマに乾かす気あるんかい!」と思って、最後にはハンカチを使うことになります

これでは置いてあっても意味がありませんから、エアータオルの存在意義を考えると、やっぱり「ゴォーーー」と景気の良い風圧で一気に乾かす方が、顧客満足につながるような気がするんですが・・




AutoPage最新お知らせ