神泉苑

2005/6/24 | 投稿者: マルセタロー

京都の観光案内・第一弾は「神泉苑」です。ここは私の家から歩いて10分ぐらいですが、なんといっても無料ですので親しみが湧きます。昔は広大な所領で、天皇御幸の宴遊池でしたが、北側の二条城の築城時に所領の大部分を失ってしまいました。しかし、ここは今でも気のスポットとして有名で、特に雨の日はそのパワーが全開になるらしいです。

正式な説明はこちらの神泉苑公式ホームページをご参照ください。

元々、漫画の「陰陽師」で名前だけは知っていましたが、結構こじんまりとしてますので、最初に行ったときは通り過ぎてしまいました(バチ当りですねぇ)。まあ、そんなこんなで何枚か写真を撮りましたので、お暇なときにご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは正面の鳥居を南側道路から撮影したものです。しかし考えてみると、お寺に鳥居の組み合わせも不思議です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

池に架かる法成橋です。以前は木造の橋で結構ガタがきていましたが、今は立派なものに架け替えられました。

クリックすると元のサイズで表示します

池の真ん中に位置する善女竜王社です。

クリックすると元のサイズで表示します

竜王のご真言。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、日本で唯一の恵方社で(説明書より)、その年の恵方に向かってお社が回転します。平成17年の恵方は申酉で、その方角に向かって礼拝して、幸福を授かって下さいとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが本堂です。ご本尊は「聖観世音菩薩」「不動明王」「弘法大師」。ちなみにこの建物は、東寺より移築されたものだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

池に浮かべられた竜王船です。こんなのに揺られて食事をすれば優雅でしょうなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

竜王船の横から眺めた浮島。鷺が住んでいるらしいですが、残念ながら見当たりませんでした。

さて、ここからは境内の中にいた生き物特集。まずはアヒル。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次に甲羅干しをしていた亀です。意外と私より年上だったりするんでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

鯉も優雅に泳いでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

法成橋の上を歩く鳩。
クリックすると元のサイズで表示します

とまあ、非常にのんびりした雰囲気の観光地ですが、興味がある方は一度行ってみて下さい(裏情報。深夜の24時ごろの方が気が濃密とのこと)。そして帰りがけにマルセタローの占いを受けていただけると、なお宜しいかと



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ