2013/12/30

オリコン年間映像ランキング2013発表!嵐V3達成  その他ジャニーズ

2013年の映像ソフトの売り上げをランキングした【オリコン年間映像ランキング2013】が発表され、嵐のライブDVD【ARASHI アラフェス】が、約80.6万枚でDVD総合1位を獲得。
史上初の3年連続1位に輝きました。

ジャニーズ関連DVDのベスト50入り作品は以下の通り。.

01位:【ARASHI アラフェス】・・・805,858枚/嵐
02位:【ARASHI LIVE TOUR Popcorn】・・・718,382枚/嵐
04位:【KANJANI∞LIVE TOUR!! 8EST〜みんなの… 】・・・220,626枚/関ジャニ∞
08位:【YOSHIO -new member-】・・・143,251枚/Kis-My-Ft2
15位:【NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~】・・・90,346枚/NEWS
24位:【Twinkle Twinkle A.B.C-Z】・・・71,558枚/A.B.C-Z
28位:【KOICHI DOMOTO Concert Tour 2012 "Gravity"】・・・66,358枚/堂本光一
35位:【KinKi Kids Concert -Thank you for 15years…】・・・62,000枚/KinKi Kids
36位:【全国へJUMPツアー2013】・・・61,696 枚/Hey!Say!JUMP
38位:【Document of Endless SHOCK 2012 -明日の舞台へ-】・・・60,358枚/堂本光一
42位:【エイトレンジャー ヒーロー協会認定完全版】・・・55,832枚/関ジャニ∞
45位:【V6 live tour 2013 Oh! My! Goodness!】・・・50,195枚/V6

集計期間:2012/12/24付〜2013/12/16付
0

2013/12/29

【CDTV年越しプレミアライブ】司会者&出演アーティスト第2弾発表!ジャニーズ勢5組追加!  その他ジャニーズ

大晦日から元旦にかけてTBSで放送される【CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2013→2014】(23:45〜29:00)の司会者と出演アーティスト第2弾が発表されました。.

司会は、これまで3年連続で務めてきたSMAP・中居正広くんからかわり、今年はEXILEが務めます。

第1弾出演アーティスト発表の際はジャニーズ勢はゼロでしたが、今回の第2弾発表で、ジャニーズからSMAP、Kis-My-Ft2、舞祭組、A.B.C-Z、山下智久くんの出演が決定しました。

【出演予定アーティスト】
aiko、家入レオ、いきものがかり、E-girls、HKT48、AKB48、EXILE TRIBE、SKE48、NMB48、A.B.C-Z、Kis-My-Ft2、きゃりーぱみゅぱみゅ、コブクロ、ゴールデンボンバー、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、シシド・カフカ、JUJU、SMAP、SEKAI NO OWARI、ソナーポケット、T.M.Revolution、西野カナ、乃木坂46、Perfume、舞祭組、ベッキー♪#、ポルノグラフィティ 水樹奈々、miwa、山下智久、ゆず、ほか
0

2013/12/13

2013タレント番組出演本数ランキング発表  その他ジャニーズ

出演者別に2013年のテレビ出演本数を集計した【2013タレント番組出演本数ランキング】が発表されました。

1位に輝いたのは、バナナマンの設楽統。
今年の出演本数は615番組で、昨年に続き2連覇を達成。

ジャニーズ勢は、TOP20内に、TOKIOの国分太一が435番組で10位、SMAPの中居正広が392番組で17位にランクイン。

また、部門別では、【深夜帯ランキング部門】で、【キスマイBUSAIKU!?】【キス濱ラーニング】【Kiss My Fake】などの冠番組を持つKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔くんが、151番組で7位にランクインしました。

<2013テレビ番組出演本数ランキング>

01位:設楽統(バナナマン)/615番組
02位:近藤春菜(ハリセンボン)/562番組
03位:有吉弘行/533番組
04位:若林正恭(オードリー)/504番組
05位:春日俊彰(オードリー)/487番組
06位:箕輪はるか(ハリセンボン)/485番組
07位:テリー伊藤/476番組
08位:加藤浩次/468番組
09位:ビビる大木/453番組
10位:国分太一(TOKIO)/435番組
11位:後藤輝基(フットボールアワー)/425番組
12位:羽鳥慎一/424番組
13位:斉藤慎二(ジャングルポケット)/412番組
14位:大島美幸(森三中)/406番組
15位:大久保佳代子(オアシズ)/404番組
16位:劇団ひとり/401番組
17位:中居正広(SMAP)/392番組
18位:日村勇紀(バナナマン)/385番組
19位:金田哲(はんにゃ)/381番組
20位:トシ(タカアンドトシ)/380番組
0

2013/12/3

【2013FNS歌謡祭】出演アーティスト  その他ジャニーズ

12月4日(水)に放送されるフジテレビ系音楽特番【2013FNS歌謡祭】出演アーティスト。

ジャニーズは第1弾発表でSMAP、第2弾発表でTOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、山下智久くんの出演が明らかになっており、現時点で計10組の出演が確定しています。

<出演アーティスト一覧>

藤井フミヤ、加藤ミリヤ、清水翔太、南野陽子、浅香唯、押尾コータロー、秦 基博、藤井尚之、相川七瀬、E-girls、岩崎宏美、岩崎良美、AKB48グループ、EXILE、エレファントカシマシ、織田哲郎、華原朋美、氣志團、きゃりーぱみゅぱみゅ、郷ひろみ、小室哲哉、三代目 J Soul Brothers、THE ALFEE、JUJU、SCANDAL、鈴木聖美、鈴木雅之、SMAP、谷村新司、TRF、T.M.Revolution、徳永英明、ナオト・インティライミ、中川翔子、西野カナ、氷川きよし、槇原敬之、松本伊代、水樹奈々、三谷幸喜、miwa、ももいろクローバーZ、森高千里、ゆず、LUNA SEA、和田アキ子、嵐、宇崎竜童、A.B.C-Z、OKAMOTO'S、Kis-My-Ft2、KinKi Kids、くまモン、倖田來未、ゴスペラーズ、コブクロ、斉藤由貴、GENERATIONS from EXILE TRIBE、スキマスイッチ、Sexy Zone、田島貴男、壇蜜、TOKIO、とんねるず、乃木坂46、V6、Hey! Say! JUMP、薬師丸ひろ子、山下智久、浅倉大介、末延麻裕子、NAOTO、マーティ・フリードマン、松下奈緒 ほか
0

2013/12/3

2014年もやります!日テレ恒例!元日はTOKIO×嵐  その他ジャニーズ

2014年の元日も日テレで【元日はTOKIO×嵐】が放送されることが明らかになりました。

【ザ!鉄腕!DASH!!】の公式サイトで、【ウルトラマンDASH】のスタジオ観覧を募集しており、【2014年正月特別番組 元日はTOKIO☓嵐】との記載があります。

【元日はTOKIO×嵐】は、日テレで2010年にスタートし、毎年元日の恒例となったTOKIOと嵐の日テレ系長時間リレー特別番組。

参考までに、2013年の放送では、TOKIOは【3分間で奇跡を起こせ!ウルトラマンDASH】と題し、トップアスリートとタッグを組み3分間で様々な課題に挑戦する企画を行いました。
また、嵐は【嵐にしやがれ】のスペシャル版として、メンバーがそれぞれ日テレ伝説の怪物番組に挑戦する企画などを行いました。

2014年の放送内容はまだ不明です。
0

2013/11/19

『赤西仁でござる』主税役のまま?あいさつで“小ボケ”  その他ジャニーズ

キアヌ・リーブス主演の映画【47RONIN】(監督カール・リンシュ、12月6日公開)の会見が18日、都内で行われた。

 【忠臣蔵】がモチーフの作品で、キアヌは謎の浪人役。
大石内蔵助役の真田広之を【マスター(師匠)】と呼び『高度な剣の技術を持ち、先生でありアーティスト。共演できたのは最高の名誉』と絶賛した。

 ハリウッド映画初出演の赤西仁は内蔵助の息子の主税役で『赤西仁でござる』とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。
キアヌや監督がやりやすい環境をつくってくれたおかげで緊張せずできた』と話した。
関係者によると、撮影中はキアヌや真田といることが多く、得意の英語でキアヌにジョークも放っていたという。
浅野忠信、柴咲コウ、菊地凛子も出席した。
0

2013/11/19

山P、初の本人役で草ナギ主演【独身貴族】出演  その他ジャニーズ

SMAPの草ナギ剛が主演するフジテレビ系連続ドラマ【独身貴族】(木曜・後10時)の第7話(21日放送)に、歌手で俳優の山下智久が本人役でゲスト出演することになった。

 草ナギが経営する映画製作会社【キネマ・エトワール】が新作映画【8月のボレロ】の主人公として、山Pに出演交渉するというシーンで登場。
山Pは『本人役を演じるというのは初めてで難しかったですが、なかなかこんな機会はないので楽しんで演じさせていただきました』とノリノリで撮影に臨んだ。
0

2013/11/14

槇原敬之曲のミュージカルにキスマイ北山、川畑、ROLLYら  その他ジャニーズ

このミュージカルは関西テレビ放送の開局55周年を記念した企画の一環として開催されるもので、脚本を鈴木おさむ、演出を宮本亜門、音楽を槇原敬之が担当。
出演者には山口智充、北山宏光(Kis-My-Ft2)、川畑要(CHEMISTRY)、高田翔(ジャニーズJr.)、前川紘毅、施鐘泰(JONTE)、ROLLY、KONISHIKI、エリアンナ、岸野里香(NMB48)といったバラエティ豊かな面々が名を連ねている。

東京では1月10日から21日までの間に全16公演が開催され、大阪では1月25日から2月2日までに全10公演が行われる。
チケットは12月7日10:00より一般発売開始。

2014年1月10日(金)〜21日(火)東京都 東急シアターオーブ ※1月14日(火)は休演2014年1月25日(土)〜2月2日(日)大阪府 オリックス劇場 ※1月27日(月)は休演脚本:鈴木おさむ演出:宮本亜門音楽:槇原敬之出演:山口智充 / 北山宏光(Kis-My-Ft2) / 渡部豪太 / 川畑要(CHEMISTRY) / 高田翔(ジャニーズJr.) / 野々すみ花 / 柄本時生 / 前川紘毅 / 施鐘泰(JONTE) / 大口兼悟 / エハラマサヒロ / ROLLY / KONISHIKI / 橋本じゅん / 治田敦 / 水野栄治 / 岡田誠 / 内藤大希 / 反橋宗一郎 / 池田有希子 / エリアンナ / 岸野里香(NMB48) / and more
0

2013/11/14

若手ジャニーズ健闘【劇場版 BAD BOYS J】が好スタート  その他ジャニーズ

9日に公開された【劇場版 BAD BOYS J−最後に守るもの−】が好スタートを切った。
東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国90スクリーンという小規模公開ながら、土日の動員は5万8820人、興行収入は8018万9100円。
1スクリーン当たりのアベレージは89万円となり、数多くの話題作が並ぶ中で11月11日付け興行ランキング5位に食い込んだ。

 邦画(実写)では、初登場1位の【清須会議】、2位【劇場版 SPEC−結―漸ノ篇】に続く3位。
【清須会議】は邦画では最大規模といえる全国430スクリーンで公開。
前週1位で今週2位の【劇場版 SPEC】は全国290スクリーンで公開され、その差は歴然。
だが、【BBJ】は限られた劇場にファンを確実に集め、2日で8000万円台の数字を積み上げた。

 同作は、伝説のヤンキー漫画を人気グループSexy Zone・中島健人主演でドラマ&映画化。
中島を筆頭に、A.B.C-Zの橋本良亮、Kis-My-Ft2の二階堂高嗣、関西ジャニーズJr.の重岡大毅ほか、ジャニーズの次世代を担う若手12人が出演。
乃木坂46の橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理、さらにトリンドル玲奈、板野友美ら人気タレントが華を添える青春映画。

 客層は女子中高生グループを中心に20〜40代までの女性、またはカップル、男性客の来場も見受けられたという。
映画公開前から、完成披露上映会の倍率が200倍に達するなど、熱心なファンに注目されていた同作。
映画キャンペーンとしてはジャニーズ初の男性限定ベント“男祭り”を開催するなど、ジャニーズファン以外へのプロモーションも積極的に展開したことで、客層が広がり、好スタートにつながったようだ。
前売り券の販売数は9万枚を超えており、今後の伸びも期待できそうだ。

 窪田崇監督も『深夜ドラマからの映画化でたくさんの方に続編を待っていただいてたという事にまず感動と感謝の念を覚えます。若いキャストとスタッフが一丸となって試行錯誤しながら、必死に作り上げた作品です。その熱い想い、彼らのはかり知れないパワーが作品からもあふれ出た結果、このような素晴らしい大ヒットにつながったのだと思います。僕自身も思い入れが強い作品になりました』と喜びのコメントを寄せている。
0

2013/11/9

元KAT-TUN・田中聖がツイッター開始!弟・彪ともやり取り  その他ジャニーズ

元KAT-TUNの田中聖が、28歳の誕生日となる5日にツイッターを開始した。
弟で俳優の田中彪ともツイッター上でやり取りをしているほか、ファンへのメッセージをつづっている。

 田中は5日、『なんか俺のフリしてる人がたくさんいるみたいだから、こういうツールを始めるか迷ったけど、きちんと自分の口から伝えたいので始めます。まず、たくさんの人に迷惑をかけてすいません。失望した方もいるかもしれない。そしてハイフン(注:KAT-TUNファンのこと)のみんな…』と初ツイート。
続けて『約束を守れなくてゴメン。俺の一番愛してた場所を守ってあげて下さい。俺もこの自分の新たな一年間の為に前を向き始めなきゃいけないと思ってTwitterを始めさせていただきました。ついでに自分も応援していただけたら幸いです』とファンに呼び掛けた。

 グループ脱退以降、ツイッター上では田中のなりすましが横行していたため、今回も本人かどうかを疑うファンもいたが、その後は弟で俳優の田中彪ともやり取り。
田中本人だという確証を得たファンからは喜びのコメントが多く寄せられ、田中は『ホントは全員に返事したいけどまだやり方があまり分からないからゴメン。海外から日本までホントにありがとう。全部泣きながら読んでる。色々大人の事情でハイフンのみんなに言葉を出せなかったから。だから勇気を振り絞ってTwitter始めてよかった』と感激をつづった。

 『彪にもっとTwitterのやり方聞くね。ゴメン。ありがとうとごめんなさいしか言えない。賛否両論あるのは分かってる。厳しい事を言われてもそれを受け入れなきゃいけないしそれでもみんなに俺の言葉を直接伝えたかったんだ。泣き疲れたしとりあえず明日みんなにまた”なう”ってするね』と田中は一連のツイートを締めくくっている。

 田中は度重なるルール違反を理由に、9月末をもってジャニーズ事務所との専属契約を解除。
それに伴い、KAT-TUNを脱退していた。
ツイッターのプロフィールでは【どうもハイフンです。マイナスからのスタート。前を向き始めなきゃ、伝えなきゃ誰にも顔を向けれない。ここからが厳しい道。酸いも甘いも糧として粉骨砕身頑張ります。紳士に、真摯に…】と自己紹介している。
0

2013/10/31

内博貴 40代女性に“抱いて”と言われたら『全力で』  その他ジャニーズ

ジャニーズ事務所の俳優で歌手の内博貴とジャニーズJrの高田翔が21日、都内で、出演するフジテレビ系ドラマ【天国の恋】(28日スタート、月〜金曜後1・30)の制作発表会見に登場した。

 床嶋佳子演じる主人公と、2人の20代男性の年の差愛を描く物語。
私生活で、40代の女性から【抱いて】と言われた時、どうするかを聞かれると、内は『全力で抱きますよ。恋愛に年齢は関係ない』と強調。
一方、高田は『僕は抱きません。抱いてと言われる男になっていない。20歳なのでそんなスキルありません』と笑わせた。
0

2013/10/30

東山が結婚生活語る ジャニーズでは異例も『発信していくのが大事』  その他ジャニーズ

少年隊の東山紀之が27日に放送された日本テレビ系【おしゃれイズム】(日曜、後10・00)にゲスト出演、2児である父の素顔を明かした。
また、ジャニーズ事務所では結婚生活を語ることが異例となっているが、その暗黙のルールを自ら破り、発信していく役割を担っていきたいと語った。

東山は、2010年10月に女優・木村佳乃と結婚。
11年11月に長女が、今年5月に次女が誕生した。

 この日の番組では、おむつ替えはもちろん、夜泣きをあやしたり、絵本の読み聞かせをするなど、『できることはなるべくやっています』と子育てに協力していることを報告。
(読み聞かせは)妻がやっぱり、すごく上手ですね』などと家庭の様子を明かした。

 ジャニーズの所属タレントが、結婚生活や子育てについて多くを語るのはまれ。
東山は『こういう話をするというのも、うちの(ジャニーズ)事務所ではないことだと思うんですけど』と前置きした上で『ぼくらが発信していくということ、ぼく自身の口で伝えていくということは、大事なことなんで、発信してもいいんじゃないかと思っています』と真剣な表情で話した。

 トークの中では、『上の子(長女)は(ぼくに)似てますね、切れ長(の目)で』『家に帰ると(子供が)パパ、パパ、と立ち上がっ来てくれるので、家帰るのが楽しみです』などと幸せいっぱいの表情で話した。
0

2013/10/29

生田斗真主演【土竜の唄】主題歌は関ジャニ∞×若旦那の新曲  その他ジャニーズ

【関ジャニ∞】が、生田斗真主演で高橋のぼる氏の人気コミックを映画化する【土竜の唄 潜入捜査官 REIJI】の主題歌に、レゲエグループ【湘南乃風】の若旦那とコラボレーションした新曲【キング・オブ・男!】を提供することがわかった。

 原作は、2005年から【週刊ビッグコミックスピリッツ】で連載されている高橋氏の漫画【土竜の唄】で、単行本37巻までで累計発行部数400万部を突破する人気作品。
三池崇史監督、宮藤官九郎脚本で、潜入捜査官【モグラ】として犯罪組織に潜り込む落ちこぼれ警察官の奮闘をコミカルに描く。
生田のほか堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史ら豪華キャストが結集し、奇抜な衣装やメイクで個性豊かなキャラクターに挑んだ。

 【キング・オブ・男!】は、若旦那が作詞を担当し、【仲間】【夢】【守るべき物】をキーワードに、熱い思いをこめた“男魂唄(メンズ・ソウル・ソング)”として完成させた。
【関ジャニ∞】の村上信五は、『関ジャニ∞としては、これほどまっすぐに男を意識した楽曲を歌うのははじめてなので、日本男児らしく“夢を追い求め愛する人を守る男の魂”を僕らなりに映画にぶつけてみました』と歌い上げた。

 同事務所に所属する生田は、『【土竜の唄】の主題歌を関ジャニ∞が担当してくれる事になりました。自分の主演映画のテーマソングを昔馴染みの関ジャニ∞が歌ってくれる事、とても感慨深く、心強く思います。カッチョいい曲をありがとう!』と感激しきり。
メガホンをとった三池監督も、『【土竜+関ジャニ∞+若旦那=ホーキンス博士】みたいな……この曲はブラックホール並みにヤベェぞ』と驚きを隠せない様子で、パンチの効いた楽曲との“化学反応”に期待を寄せている。

 【土竜の唄 潜入捜査官 REIJI】は、14年2月15日から全国で公開。
0

2013/10/22

ジャニーズ乱立の秋ドラマ “別格”は長瀬主演の【クロコーチ】  その他ジャニーズ

テレビ誌が【秋のジャニーズ祭】なんて特集を組むぐらいで、今クールのドラマはジャニーズアイドル尽くしである。

 その筆頭である木村拓哉主演の【安堂ロイド】(日曜21時〜、TBS)は、ハナっからTBSの商魂が丸出し。
突然、何の脈絡もなく、天才物理学者に扮するキムタクが粒あん入りのきなこあげパンを好物だと猛プッシュ。
放送ライターの堀江南氏は、『山崎製パンとコラボして売り出すパン、いわゆる番組関連グッズのPRを劇中であけすけにやるのはいかがなものか。前クールの【半沢直樹】グッズで味をしめたのは分かりますけどね』とチクリ。

 ジャニーズのタレントが主役を張る作品は計8本。
日本テレビ、フジテレビ、TBSと在京キー局のほとんどが起用する中、専門家が【今後に期待】と声を揃えるのが、長瀬智也主演の【クロコーチ】(金曜22時〜、TBS)だ。

 ドラマ批評家のこうたきてつや氏はこう言う。
キャラクターの造形がどこか懐かしいドラマ。悪徳刑事に扮する長瀬の役どころは【タイガー&ドラゴン】(TBS)で演じたヤクザの虎児を思わせて、妙に憎めない。【ケイゾク】(同)の病んだ刑事(渡部篤郎)と、空気を読まないエリート刑事(中谷美紀)というチグハグなコンビ設定を意識したのか、クロコーチでは剛力彩芽扮する少女っぽい刑事が長瀬の相方になっている。渡部扮する県知事のスキャンダルや剛力の父親の死が、今後、3億円事件とどう絡んでいくのか。ミステリアスな展開を含んでいて、見続けたいと思わせた。『正解ッ!』の決めゼリフも笑えて耳に残るし、手堅い脇役陣を揃えた丁寧なつくり。【JIN―仁―】などを手がけた石丸彰彦プロデューサーのぶれない一本筋の通ったドラマづくりが表れていた

 コラムニストの桧山珠美氏の見立てはこうだ。
3億円事件の謎解きも兼ねた“歯応え”のあるドラマ。ですが、出演ドラマがことごとく惨敗という“視聴率クラッシャー”の剛力彩芽に相方が務まるのかどうか。東大法学部卒のキャリアという設定ですが、全くそう見えないのが最大の難点。果たして、ゴルゴ13を思わせる劇画タッチの演技で挑む長瀬とかみ合うのか。波乱含みですが、行く末を見守りたい

 ジャニース勢が乱立するクールだけに、こんな割り切った見方も可能だ。
ジャニーズのタレントは主役ではなく、3番手あたりで起用するのが得策。本人は経験を積めるし、局側もファンの視聴も見込めていいこと尽くし。ハイテンションな玉置浩二を相手に【東京バンドワゴン】(土曜21時〜、日テレ)で主演を担うKAT―TUNの亀梨和也と、堺雅人主演の【リーガルハイ】(水曜22時〜、フジ)で端役をのびのびと演じる同グループの田口淳之介。対比して見るのも一興です』(堀江氏=前出)

 夜長の秋。
目くじら立てずに観賞しては。
0

2013/10/21

生田斗真、【土竜の唄】ローマ映画祭出品で大興奮『たまりません!』  その他ジャニーズ

11月開催の【第8回ローマ国際映画祭】のコンペティション部門に俳優・生田斗真の主演映画【土竜の唄 潜入捜査官 REIJI】が出品される事が発表された。

 2010年公開の映画【人間失格】など過去6作品に出演した生田が、【土竜の唄‐】(2014年2月15日公開)で映画祭デビューを果たす。

 『ローマに殴り込みです。たまりません。僕自身、映画祭に参加させて頂くのは国内外でも初めての事で、とても興奮しています』と初参加を喜んでいる。

 コメディータッチの作品で“全裸”にも挑戦した意欲作だけに、『ローマの方々に土竜の唄の世界観、男気をバッチリと見せつけ、生田ローマになって帰ってきます! ローマばっちこーい!! 親父ギャグばっちこーい!!』と主人公のセリフを引用しながらコメント。
同映画祭、日本映画初受賞に手応えを見せていた。

 作品は、昨年公開の映画【悪の教典】に続く出品となる三池崇史監督が指揮を執り、NHK朝の連続テレビ小説【あまちゃん】を手掛けた宮藤官九郎が脚本を担当。
生田演じる“金髪・童貞”の潜入捜査官・菊川玲二の活躍を描く。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ