2012/9/30

堂本光一 神戸公演が台風で中止 12月に振り替え  Kinki kids

 KinKi Kidsの堂本光一が30日に神戸・ワールド記念ホールで開催を予定していた【KOICHI DOMOTO 2012“Gravity”】が台風17号接近のため、中止となったことが同日発表された。

 13時と17時半の2回公演を予定していた。
振り替え公演が大阪城公演に会場を移し、12月16日に開催される。

 台風の接近に伴い、野外会場である大阪・長居陸上競技場で開催予定だった関ジャニ∞のコンサートは29日に中止が発表されていた。
0

2012/9/15

堂本剛『くにづくりのため、できることある』平安神宮ライブに5000人  Kinki kids

KinKi Kidsの堂本剛が14日、京都・平安神宮での3日間ライブ【堂本剛 2012 平安神宮ライブ】の初日を迎えた。

 【皆でひとつを目指す】をテーマに、5000人を集めた境内で、ライトアップされた大極殿をバックにシングル曲【縁を結いて】など全9曲を熱唱。
時にしっとり、時に力強く、美しい日本人の愛や平和祈念の思いを歌に込めた。
ラストでは『一人一人できることは違うけど“くにづくり”のため、僕らの世代ができることもある』と呼びかけた。

 今年でソロ活動10周年を迎える剛は、近年では【美しきくに…日本】をキーワードに寺社仏閣ライブなどを開催。
平安神宮では3年連続の公演で、昨年のライブは映画化され、今春には東日本大震災の被災地などで特別上映会を開いた。
10月18日からは“トークで笑いを届ける”をテーマに福島、宮城、岩手の3県で独演会【小喜利の私 東北三小喜利】を開催する。
0

2012/8/29

堂本光一ニューアルバム【Gravity】10.3発売決定  Kinki kids

KinKi Kidsの堂本光一くんのニューアルバム【Gravity】が10月3日に発売する事が決定しました。
初回盤A、初回盤B、通常盤の3タイプのリリース。

初回盤Aは、【ASIA TOUR 2011 BPM – LIVE & DOCUMENTARY】を収録したDVD&96Pスペシャルフォトブック付き。
初回盤Bは、【Danger Zone 〜to the unknown world〜】Music Clipを収録したDVD&28P豪華ブックレット&ステッカー2枚(PHOTO & ロゴ)封入。
通常盤には、初回盤未収録のBonus track【A Silent Night】が収録されます。

また、2011年3月9日発売【KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2010 BPM】DVDのブルーレイ化も決定。
上記アルバムと同時リリースされます。
1

2012/8/22

<明星>創刊60周年 表紙登場回数の1位は堂本光一  Kinki kids

集英社の老舗月刊アイドル誌【明星(現・Myojo)】が、23日発売の10月号で創刊60周年を迎えることが22日、分かった。
同誌は【夢と希望の娯楽雑】をキャッチフレーズに、1952(昭和27)年8月に創刊され、10月号で通算721号。
表紙登場回数の1位は、グループでの登場も含めて31回表紙を飾った、【KinKi Kids】の堂本光一さん、昭和のみで数えた表紙登場回数1位は、29回の郷ひろみさんだということも分かった。

トータルでの表紙登場回数2位は【KinKi Kids】の堂本剛さんと【嵐】の松本潤さんで、ともに30回。
昭和のみでの2位は27回登場の田原俊彦さん、3位は26回の近藤真彦さんだった。

 また誌面のグラビアにもっとも長くレギュラーで登場しているのは、SMAPの木村拓哉さんで、88年9月号から現在まで24年2カ月にわたって登場し続けている。
さらに95年6月号でスタートしたフォトエッセー【KIMURA開放区】は連載17年を超え、通算209回。
木村さんは10月号の同連載で『(同誌の)楽しかった思い出は、うーん……多すぎて言いつくせないくらい』と語り、『自分の言葉に矛盾がないように、僕自身しっかりと今後も取り組んでエネルギーを放出し続けないと』と気持ちを新たにしている。

 60周年記念号となる10月号は、嵐が表紙と巻頭グラビアを飾る。
リーダーの大野智さんは【還暦おめでとう!】、二宮和也さんは【単純にすごい!ちょっとビビったもん(笑)】、櫻井翔さんは【40年後の100周年を迎えたときにも出られたらいいな】とメッセージを寄せた。
SMAP、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、山下智久さんなども登場し、アイドル60人のプロフィルと【60周年おめでとう】メッセージも掲載されている。
194ページ、690円。

 ◇トータルの表紙登場回数ランキング(敬称略・登場回数)

1位 堂本光一(KinKi Kids) 31回
2位 堂本剛(KinKi Kids)、松本潤(嵐) 30回
4位 郷ひろみ、田原俊彦、長瀬智也(TOKIO)、相葉雅紀(嵐)、二宮和也(嵐) 29回
9位 近藤真彦、大野智(嵐)、櫻井翔(嵐) 26回
0

2012/7/30

堂本剛、ツアー完走し感謝『名前を感謝剛に』  Kinki kids

 KinKi Kidsの堂本剛が29日、故郷、奈良市の特設会場でツアー最終公演を行った。
新アルバム【shamanippon〜ラカチノトヒ〜】の収録曲など15曲以上を披露し、『ライブに携わってくれた皆さんに感謝したい。名前を感謝剛にしてもいいと思うぐらい』。
昨年9月に行った京都・平安神宮公演のライブDVDを8月22日に発売することも発表。
0

2012/7/26

KinKi KidsライブDVD週間1位  Kinki kids

7月18日にリリースされたKinKi KidsのライブDVD【King・KinKi Kids 2011−2012】が、発売1週目で約7.0万枚を売り上げ、7/30付のオリコンDVD総合週間チャートで1位に輝きました。
KinKi Kidsの同チャート1位獲得は10作目で、嵐を抜いて歴代単独1位となりました。
1

2012/7/12

【堂本剛 平安結祈 heianyuki】DVD&BD発売決定  Kinki kids

【堂本剛 平安神宮公演2011 限定特別上映平安結祈 heianyuki】DVD&Blu-rayが、8月22日に発売する事が決定しました。

KinKi Kidsの堂本剛くんが2011年9月4日に平安神宮で行ったLIVEを堤幸彦監督が映画化し、全国上映された本作品が、待望のDVD&Blu-ray化!堤監督が、堂本剛くんと音楽のルーツを奈良の ”水”の流れになぞらえながら探った2人旅【Tsuyoshi×NARA×TsuTsumi】も収録されます。
0

2012/6/9

【King・KinKi Kids 2011-2012】DVD&BD発売決定  Kinki kids

KinKi KidsのライブDVD&Blu-ray【King・KinKi Kids 2011-2012】が、7月18日に発売する事が決定しました。

DVD初回限定仕様、DVD通常仕様、Blu-rayのリリース。
収録内容は全仕様共通の2枚組。DVD初回限定仕様はスペシャルパッケージで、80Pブックレット封入。
DVD通常仕様とBlu-rayは、オリジナル・ポストカード1枚封入となっています。

また、2010年8月11日に発売された【KinKi Kids concert tour J】DVD通常盤のBlu-ray化も決定しました。
収録内容及び封入ポストカードはDVD通常盤と同一。
7月18日に発売されます。
3

2012/5/1

堂本光一【SHOCK】が千秋楽『魂は帝劇にいる』  Kinki kids

 KinKi Kidsの堂本光一が主演するミュージカル【Endless SHOCK】が30日、東京・丸の内の帝国劇場で千秋楽を迎えた。

 1月の博多座公演から4か月間のロングラン公演を達成。
カーテンコールで迎えられた光一は『まだ実感が湧かない。あすの朝、起きても魂は帝劇にいると思う』。
2月には右足の靱帯(じんたい)を部分断裂したが、全139公演をやりとげ『痛めた部分が治ることさえ寂しく思う』と感無量な表情を浮かべた。

 2000年の初演から11年半で938回を達成。
この日、早くも来年2、3月の帝劇公演が決定し、1000回も視野に入ってきた。
今年の博多座公演を成功させたこともあり、海外をはじめ、複数の地方の劇場からも上演のオファーが入っているというが『そういうお話をいただけるのならやってみたい。この作品の根底のメッセージを受け取ってほしい』と意欲を見せた。
1

2012/4/18

堂本剛ニューアルバム【shamanippon】週間1位獲得  Kinki kids

4月11日に発売された堂本剛くんのニューアルバム【shamanippon -ラカチノトヒ-】が、発売1週目で約7.2万枚を売り上げ、4/23付のオリコンアルバム週間チャートで1位に輝きました。

堂本剛くんの約3年振りとなったオリジナルアルバムは、シングル【縁を結いて】をLiveアレンジで新録したver.や、≪レコーディング社会科見学≫イベント時に音源収録を行った【shamanippon〜くにのうた】を含めた内容盛りだくさんの内容。

初回盤A、初回盤B、通常盤の3タイプのりリース。
初回盤AとBは、【Songs CD】+【Instrumentale CD】の2枚組で、それぞれ異なる内容のDVD付き。
【Songs CD】は、3タイプでそれぞれ収録曲が一部異なる仕様となっています。

堂本剛くんがソロでアルバム週間チャート1位を獲得するのは、ENDLICHERI☆ENDLICHERI名義で2006年3月に発売した【Coward】以来、約6年ぶり。
1

2012/4/12

堂本剛ニューアルバム【shamanippon】デイリー1位発進  Kinki kids

4月11日に発売された堂本剛くんのニューアルバム【shamanippon -ラカチノトヒ-】が、発売初日で約4.0万枚(40,067枚)を売り上げ、4/10付のオリコンアルバムデイリーランキングで1位を獲得。
週間チャート1位に向けて好スタートを切りました。

堂本剛くんの約3年振りとなったオリジナルアルバムは、シングル【縁を結いて】をLiveアレンジで新録したver.や、≪レコーディング社会科見学≫イベント時に音源収録を行った【shamanippon〜くにのうた】を含めた内容盛りだくさんの内容。

初回盤A、初回盤B、通常盤の3タイプのりリース。
初回盤AとBは、【Songs CD】+【Instrumentale CD】の2枚組で、それぞれ異なる内容のDVD付き。
【Songs CD】は、3タイプでそれぞれ収録曲が一部異なる仕様となっています。
0

2012/4/10

本日誕生日☆  Kinki kids

本日4月10日は、KinKi Kidsの堂本剛くん33歳の誕生日でした。
おめでとうございます。
0

2012/3/10

堂本剛の【縁を結いて】が近鉄特急の発車メロディに起用  Kinki kids

昨年4月にリリースされた堂本剛(KinKi Kids)のソロシングル【縁を結いて】が、近畿日本鉄道で特急列車の出発予告メロディとして使用されることが決定した。

奈良県で生まれ育ち、2008年から奈良市観光特別大使を務める堂本剛。
【縁を結いて】は【美しきくに…日本】をテーマに彼が自ら作詞・作曲した楽曲で、今回の発車メロディ用のアレンジも彼が監修を手がけている。

発車メロディは3月20日から1年間にわたって、近鉄奈良駅、橿原神宮前駅、京都駅、大阪上本町駅、大阪阿部野橋駅の5駅で放送。
アーティストの楽曲を発車メロディに採用するのは、近鉄では今回が初となる。
0

2012/3/2

堂本剛ニューアルバム【shamanippon -ラカチノトヒ-】4.11発売決定  Kinki kids

KinKi Kidsの堂本剛くんのニューアルバム【shamanippon -ラカチノトヒ-】が、4月11日に発売する事が決定しました。
堂本剛くんの約3年振りとなるオリジナルアルバムは、シングル【縁を結いて】をLiveアレンジで新録したver.や、≪レコーディング社会科見学≫イベント時に音源収録を行った【shamanippon〜くにのうた】を含めた内容盛りだくさん豪華アルバム!

初回盤A、初回盤B、通常盤のリリース。
初回盤AとBは、【Songs CD】+【Instrumentale CD】の2枚組で、それぞれ異なる内容のDVD付き。
通常盤は、【Songs CD】のみの1枚組。
【Songs CD】は、3タイプでそれぞれ収録曲が一部異なります。

【Nijiの詩】&【shamanippon -ラカチノトヒ-】連動キャンペーンあり。
0

2012/2/21

【Endless SHOCK】が東日本大震災以来の帝劇で公演スタート!  Kinki kids

東京・帝国劇場で公演中の堂本光一が主演するミュージカル【Endless SHOCK】。
堂本、内博貴、植草克秀、振付師のトラヴィス・ペイン氏が取材に応じた。

同作は、【ショーを最も多くプロデュースした人物】として、ギネス世界記録に認定されたジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手掛け、堂本が帝劇単独主演記録1位を記録し続けているミュージカル。
公演が終了する4月30日(月)には、938公演を記録する見込みだ。

‘11年3月11日に起こった東日本大震災で中断してしまった公演以来の帝劇での公演となる堂本は『この場所で生まれて、ずっとやってきたので、これだなっていう感覚。博多座の良かった部分も取り入れながら、さらにいいものにしようと帝劇で稽古をしてきました。ここでこうしてやらせていただくのも、昨年の3.11のとき以来なので、きょうは久々にこの劇場で全力でやって、いろんなことを思いました。この夜(初日公演)から、動き出すなって感じです』と感慨深げに噛み締めた。

また、今公演最大の見どころとなる2幕の【Higher】では、マイケル・ジャクソンの振付として有名なペイン氏が担当。
観劇するために来日したペイン氏に完成した【Higher】を初披露し、堂本は『本当にすごく厳しい。ロスでの稽古の時もすごく厳しくて、もうこれ以上踊ったら死んじゃうよってくらいやらされたんですが(笑)。それでも、新たなアドバイスをたくさんくれて、トラヴィスと一緒にやらせていただいて、SHOCKに新しい色が加わり、すごく楽しくなりましたし、やりがいもさらに感じています』と手応えを感じたようだ。

初観劇を終えたペイン氏は『舞台上の【Higher】を明かりや衣装など全部合わせて初めて観て、すごくいいナンバーだと思います。これからもどんどん、どんどん良くしていってほしいなと思います。何年も何年も続いているこの素晴らしいカンパニーの重要で素晴らしいショーの仲間入りをさせてもらえて本当に光栄に思います』と絶賛し、『光一さん自身が本当に素晴らしい役者、シンガー、ダンサーで、人としても本当に素晴らしい方。今まで一生懸命やってくれたことが、実っているのを観て、本当にうれしかったです。特にフライングを観るのが楽しいので、やり方をいつか教えてほしい!』とにっこり。堂本も、笑顔で快諾した。

また、けいこ中に堂本は内にどっきりを仕掛けたようで、『内に『お前(【Higher】を)覚えなきゃダメだよ』って吹っかけたり、『やっぱり、やらなくていいよ!』って止めたり、してたんですよ。トラヴィスがけいこ場に見に来てくれたときにも、トラヴィスに振り付けを覚えていない内に『なんでお前覚えてないんだ!?』って演技をしてくれって頼んだんですが、けいこ場からトラヴィスが出て行っちゃったんですよ!』と大笑いで振り返り、ペイン氏の熱演を絶賛。
一方、被害者となった内は『トラヴィスに『覚えてないです!』って言ったら、けいこ場からドアをバーンと閉めて出て行っちゃって、足震えちゃいましたよ!』と苦笑いしていた。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ