2013/10/3

Sexy Zone・中島健人『手をつなぐシーンで手汗が心配だった』  Sexy Zone

Sexy Zone・中島健人主演の人気ドラマを映画化した【劇場版BAD BOYS J 最後に守るもの】(11月9日公開)の完成披露プレミア上映会が、9月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。
中島をはじめ、Kis-My-Ft2の二階堂高嗣、A.B.C-Z の橋本良亮、Snow Man の岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、乃木坂46 の橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理、トリンドル玲奈、板野友美、窪田崇監督の総勢13名が舞台挨拶に登壇。
試写会の倍率はなんと200倍で、ゲスト陣の人気の強さが伺えた。
中島は『映画につながった時は感極まりました』と感激しながら挨拶をした。

ドラマ、映画に続いて主人公・桐木司役を務めた中島は『最初は自分が引っ張っていこうという気持ちで頑張ってましたが、二階堂くんとか、ハッシー(橋本良亮)をはじめ、みんなが支えてくれて、ひとつの良い作品を作ることができました』と共演者たちに感謝の弁を述べた。
見どころについては【なぜかある、司と陽ニ(岩本照)のキスシーン】とアピールすると、会場から『キャーッ』と雄叫びが上がった。

二階堂は『恋愛のシーンにキュンキュンしたり、ケンカのシーンも格好良いシーンがいっぱいあるので、見て欲しい』とアピール。
橋本は『ドラマも映画もちゃらい役。でも、実際はちゃらくないですよ』と苦笑い。
中島は恋人役の橋本に『心配だったのは手をつなぐシーン。手汗、大丈夫かなと?』と振ると、橋本は『そんなにべちゃっとは感じたことはなかったです』と答え、また、大爆笑となった。
会場は、終始、黄色い歓声が飛び交い、大いに盛り上がる舞台挨拶となった。

原作は広島を舞台に、不良少年たちの熱い生き様を描く田中宏の人気コミック。
広島の覇権を狙う極楽蝶・ビイスト・廣島ナイツという3つのチームに新たな強敵が現れ、壮絶な戦いと熱い友情のドラマを繰り広げる。
極楽蝶のトップ・桐木司役に中島健人、ビイストを率いる段野秀典役にKis-My-Ft2の二階堂高嗣、廣島ナイツのリーダー・ヒロ役にA.B.C-Zの橋本良亮と、ジャニーズ3グループの競演も話題だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ