2004/11/13

Dr.コトー診療所:その2  テレビ

今日は、後編でした。重さん(泉谷しげる)の「夫婦は二人揃って夫婦なんだ」のことば、剛洋(たけひろ)の父(時任三郎)の想い、主役のコトー先生の人柄、妻を介護する夫とその家族...いろいろなところで感動しました。でも、何より一番心に残ったのは、父に真剣に自分の決意を語る剛洋の涙でした。島の子ども達の歌もとてもよかったです。
『Believe』という歌なんですが、歌詞がすごくよかったです。確か「例えば君が傷付いて、くじけそうになったときは、必ずぼくが側にいて、支えてあげるよその肩を」という歌詞です。この歌詞の君とぼくは、親友とも恋人とも夫婦ともとることができるんじゃないかな。あるいは、全ての人に対するメッセージなのかな、なんて思いながら聴いていました。そして、私にもそんなふうに言ってあげたい人がいるってことが、嬉しいです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ