« 犬 | Main | 寒い »

2008/9/28

コーラについて  フジヤンの秘密(;°□°)

さて、突然ですが皆さんはコーラナッツという実をご存知ですか?

コーラ(英:Kola nut、学名:Cola)は、約125種からなる
アフリカの熱帯雨林に植生するアオギリ科コラノキ属の植物
の総称。約20m程に育つ常緑樹である。
(※ウィキペディアより抜粋)

この素敵な木になる実の名称がコーラナッツ、お気づきかも
しれませんが清涼飲料水として名高いコーラの原材料となる
モノであります。

一口にコーラといっても2大ブランド、コカ・コーラ、ペプシ
コーラを筆頭にRCコーラ、ミッションコーラ、カフェイン含有量
ナンバーワンを謳うアフリ・コーラ、インカ、オープン、ザムザム、
ジョルト、カンパ、ディクシ、(全ての製品名の語尾にコーラが付く)
日本からは、森永のスパーク・コーラ、明治製菓の明治コーラ等、
世界各国で様々なコーラが開発されています。

話が逸れましたが、コーラナッツの特徴はなんといってもカフェイン
含有量の多さです。
とは言うものの現在ではコーヒー豆等からカフェインを抽出する
技術が進化して、コーラナッツを原材料に含む清涼飲料水として
のコーラは殆どないようです。

カフェインと言えば、血管拡張作用や興奮作用が強いことで
知られていますが、どのコーラの成分も主にカフェインと糖分で
構成されています。

つまり
ハッカーや2ちゃんねらー等の電脳系の方々にコーラが愛される
理由は、長時間精神的な高揚を保ちつつ、脳を働かせるための
糖分を過剰に摂取できる、という点に尽きるわけです。(多分w)

あながちこのコーラの使用法は間違ってはおらず、コカ・コーラの
コカ≠ヘ発売当初、コカインを含んでいたことから命名されており
(※当時コカインは合法だった。現在のコカ・コーラ社とは異なるが
ジョン・S・ペンバートンという人が開発した、フレンチ・ワイン・
コカというものが元祖)興奮剤や気付け薬として活躍していたようです。

こうしてみると、役者にもコーラは最適な飲み物であることが
皆様にも分かっていただけると思います。

思えば、私の側にはいつもコーラがありました。
辛い時、苦しい時、嬉しい時、楽しい時、泣きたい時・・・・
コーラに支えられ、そしてこれからも九州アクターズクラブの仲間、
そしてコーラと共に、役者として歩んで行きたいと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ