2009/3/9

親分と弟子の関係  ベロの心

昨日の夜は大道具を作りました!
親分はフジヤン、僕は弟子です。
あるものを作るために木材のサイズを図るぞ!と言う事で、親分がサイズをはかり僕が印をつける係りでした。
そして外で木材をきりました。
親分はノコギリで切り、僕はそれを押さえる係り。
しかし親分から、”印が見えない!”と言われ・・・確かに・・・外灯の明かりでは僕の鉛筆はあまりにもわかりにくい・・・。
印一つつけるにも奥が深いっす。と思ったけれど、認めたくない自分がでてきた!
僕はそんな事ないと思い一生懸命に探しましたが・・・。
”ウォーリーを探せ”ってくらい難しい・・・。
すみません。親分・・・一生ついていきまーす!
途中、僕もノコギリを使いたかったのですが親分の許可がおりませんでした。
しかし弟子の僕は何でもしますぞ!
そして何とか無事に切りそろえ、木材の本数を数えてみると・・・。
・・・。
1本足りない・・・!!
固まる親分と弟子・・・。
しかも、さっき木材が足りないといって二人で買いにいった事もあり、シャレにならんぞと思った瞬間・・・。
親分がチラリと僕を見たのです・・・。
えええ〜!
僕を見ないでよー!
このパターンは・・・。
おーい!弟子を売らないで〜
しかし!!
実は単なるきり忘れだったのです
完璧に僕のせいにしようとしたよね・・・。
ヒヤっとする親分と弟子。
でも、あの見えにくい印が原因で切り間違えたかと思いました。
僕のせいだね・・・。
結果的に大丈夫だったのでよかったです!
こんな感じで二人でやると何でも楽しいのです
出来上がりが楽しみです!!
ちなみに先生、ヒロチャン、コブチャン、ミカッチは凄い数の衣装をチクチクしております
本当に凄いんですよ!!
僕は縫い物は絶対無理です。
弟子すらも無理だと思います。
親分ありがとうー



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ