2010/9/19

Minori Chihara Live Tour 2010 〜 Sing All Love 〜 追加公演 @ 日本武道館 -その10-  茅原実里

ライブ終了後、とりあえず高田馬場に出てライブ後の余韻に浸りつつ夕飯。
適当なところで解散して、帰路につきました。

今回は物販のことなどを少々。


《←その9》

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず持って帰ってきたものをまとめてみました。
厳密にはポスターが抜けていますが。
少ないっちゃ少ないですね。
1つ1つ紹介していこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずツアーフラッグ(500円)
みのりんのライブでは不可欠なアイテムですね。
Lush march!!のとき、持っていないと疎外感を味わいますw
布教用にもう数本購入しても良かったのですがいかんせん金がないものでw

クリックすると元のサイズで表示します
TシャツBタイプMサイズ(3000円)
通常デザインのTシャツで、Bタイプとなります。
もう一種のAタイプは紫基調のTシャツです。
この他にも更に2種類、武道館限定のTシャツがありあわよくばそちらをと思ったのですが、最初の方の記事にも書いたとおり物販開始1時間後くらいに売り切れてましたね。
どうも運営側で数量制限をしなかったそうで,そりゃぁ売り切れますわな。
転売厨にとっては格好の餌食ですしねー。
おかげで徹夜組はともかく始発組の方でも危ういくらいに早く売れてしまったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
Parade(3000円)
通常の物販とは別のブースでの販売でした。
2000円毎に販促用ポスタープレゼントとのことで、ご覧のようにフレームに入れて飾っております。
蛍光灯が写り込んでいますがそれは気にしなくて結構です。

クリックすると元のサイズで表示します
ペンライト青(1200円)
公式のペンライトで、この他に紫とモラトリアムグリーンを販売しておりました。
金もないので、私は汎用性の高い青のみを購入して使用しました。
公式ロゴが入っていますがモノはルミカ製ですので安定してますね。

物販関係は以上です。
あとは祝花の写真を。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これで全部写っているわけではないので更に数基ありましたね。
これまでの公演では5・6基とあまり多くなかったらしいので、改めて武道館というステージに立つことの偉大さを実感しました。
……面倒くさいので全部挙げましょうw
  • アニソ〜ンぷらす

  • アニマックス

  • アニプレックス

  • アニメイト・アニブロゲーマーズ

  • アニメイト徳島

  • エイベックス・アーティストアカデミー

  • エイベックス・プランニング&デベロップメント

  • Elements Garden

  • 応援団みのり組

  • 奥井雅美

  • Ordet 山本寛

  • 鹿角の萌えみのり 安保金太郎商店

  • くだまき八兵衛

  • グッドスマイルカンパニー

  • グランドスラム

  • CooRie

  • スターチャイルドレコード

  • 声優アニメディア

  • 台湾オフィシャルツアー参加者

  • チロルチョコ普及委員会

  • Twitterみのりんクラスタ

  • ドワンゴ

  • パシアナ文明保存管理局

  • バンダイビジュアル

  • ピーエーワークス

  • 飛蘭

  • ボイスニュータイプ

  • 某所寿司屋 大将

  • mixi内コミュニティm.m.s.

  • みのり系モモイスト有志

  • MUSIC ON! TV

  • MUSIC JAPAN

  • May'n

  • モバゲータウン内みのりん応援団

  • LIVE GATE

  • ランティス

  • ローソンチケット

  • ロム・シェアリング

すごい量ですなぁ。
確認しうる限りでは38基ですね。
写真から書き写したので、もし撮り逃しがあったとするとまだあることになります。
「アニメイト徳島」がちょっと違和感ですが、あそこはフランチャイズ店舗なので個別で出してるんでしょうね。
そしてやはり気になるのが「エイベックス」の2基。
いまのみのりんがあるのも、ある意味ではエイベックスのおかげですよね。
Lantisに移籍してからは音楽活動も盛んに行なっていますが……
やはり誰しも下積み時代がなければ立派にはなれないもので、それを乗り越えてよくここまで来たなぁと感じます。
真の1stアルバムHIROINEは敬遠されがちな気もしますが、聴いたことない方は聴いてみることをオススメします。
もともと才能はあるんですよね、みのりんは。
ただ、知名度がないとやはり売れないようで。
そういう面では、瀬野さんや斉藤さんはもちろんですが「茅原実里」の知名度をぐっと押し上げた「長門有希」への感謝も大きいでしょうね。

さて、そろそろライブレポも終わりですね。
長々と書き続け、この記事をうpするのが9月19日。
まったく、約4ヶ月もかかりましたよ。
ですがまぁ私の言いたいことはほとんど詰め込んだつもりです。
最後にここに感想でも書こうかと思ってましたが、5記事目や9記事目にほとんど私の感じたことも埋めこんであるんですよね。
本当に、みのりんに出会えて良かったです。
新たな生きがいを発見できたような気がします。
また、ライブ初参加でしたがこんなにも楽しいならもっと早くから参戦してればよかったですね。
みのりんと同じく、私もライブなしでは生きていけそうにありませんw

次の参戦はおそらく8月のサマキャン2。
確かキャパが3000人でしたので金以前にチケット取れるかが不安ですが、できるだけ参戦したいです。

さて、調子にのって10記事も書いてしまいましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。
……読んでくださっている方がいらっしゃるのかもわかりませんが。
ついでにこのライブに関係する費用でもまとめてみますか。

交通費: 1630
チケ代: 7200
リウム: 1776
グッズ: 7700
-------------
総合計:18306

2万には届かず、ですか。
まぁなんやかんやで結構浪費してる気もしますが、よしとしましょう。
最後になりますが、茅原実里さん武道館ライブ大成功おめでとうございます。
感動のステージをありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

このレポートの文字数-<27545文字>-
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ