2009/9/21

アニメキャラを好きになってはいけないのか?  管理人の戯言

初投稿がこんな内容で申し訳ございません。
ですが、どうしても書きたくなったので。
読みたくない方は読まなくて構いません。

「アニメキャラに萌える」
言うのは簡単なことです。
しかし世間は冷たく、この言葉を発したらそれまでで、そこからはキモい人間として扱われやすくなります。
それはなぜなのか。
と、考えてみた私なりの考察を記してみようと思います。
アニメ好き(もう以下はアニヲタで統一します)の方にも読んでいただきたいですが、アニヲタをキモいと思ってる一般人の方々にも是非読んでいただきたいです。

男が女を好きになる、というのはごくごく自然なことです。
人間を好きか、アニメのキャラクターを好きかで何故こんなにも扱われ方が変わるのか。
これは、人間か架空か、という問題ではないと思います。
本質か、虚像かという問題だと私は思います。
具体例を挙げますと、芸能人を好きになった場合。
メディアを通してでしか見たことのない人、という点で芸能人はアニメキャラと同じなわけです。
なのに、それを公言してもキモがられることはまずありません。
なぜ、アニメだと、ダメなのか。
ちょっと引用してみます。
らき☆すたの泉こなたのセリフから。
「芸能人だってすきになったからってどーこーできるワケじゃないじゃん。別世界じゃん。」
「芸能人だってTVやイベントでは受けのいいキャラクターを演じてるだけだというのに……。虚像って面じゃ一緒じゃん。」と。
芸能人を好きになったからといって、メディア上での表面しか見ていないわけです。
メディア上が表なら、私生活は裏。
表面しか見ずに好きになってしまうということになります。
対してアニメキャラは、書内・画面内のみの存在であり、表のみで裏がないわけです。
ここで本質・虚像の話になるわけですが、裏がわからない虚像の部分のみで好きになるか、表から本質を見抜いて(この場合は本質を見抜いた気分になっている、という場合も含みます)好きになるか、の違いが問題になるわけです。
アニメキャラには裏がないわけですから、表を理解する=本質を見抜く、という方程式が成り立ちます。
芸能人には裏がありますから、表だけでは本質を見抜けません。
私は、虚像のみの存在を架空の存在と位置づけています。正体が分からないわけですから。
ですから、身近な人に恋するのとアニメキャラに恋するのは同じ。
本質を見抜いてこそ好きになれるものかと思います。
以上を踏まえて、次はなぜ生身の人間ではなくアニメキャラを好きになってしまうのかを書いてみます。
簡単な話です。
アニメキャラとは恋できないからです。
恋することができないからこと、愛せるのです。
よくわからないかもしれませんが、つまりは振られないってことです。
嫌われないが好かれない。
この微妙なラインは、生身の人間とはなかなか成り立ちにくいと思います。
しかしアニメキャラとならば進展もなく、このラインを保てるわけです。
だから、アニヲタ側としても安心してキャラクターを愛せるわけです。
私は長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
クリックすると元のサイズで表示します
と田井中律(けいおん!)
クリックすると元のサイズで表示します
が好きですが、確かに好きになったからと言ってどーこーできるわけではありません。
この辺は確かに芸能人好きと同じです。
ですが、やはり人間相手だと何か期待してしまう部分があると思います。
アニヲタは、アニメキャラを好きになる時点で、何か進展することは望んでいません。この辺が芸能人好き、そして生身の人間を好くこととの大きな違いかと思います。
動画共有サイトや掲示板などを見てみると、いかにそのキャラクターが愛されているのかを目にすることができます。
芸能人だと、あまりこのような発言は見ないように思います。
身近な人間ならなおさらです。
本当に好きになるなら、本質を理解しなければ愛せません。
同時に、本質を見抜いてこそ好きになれるのです。
これはさっきも書きましたね。

うだうだ書いてきましたが、結局何が言いたいのか。
人を好きになるのも、キャラクターを好きになるのも同じメカニズムだということです。
人を好きになったからと言って恋人になれるわけではありませんし。
現実逃避とか言われがちですが、アニメキャラを好くというのはごく自然なことなのです。
生身の人間も、アニメキャラの人間も、同じ『人』なんですから。
私も、当事者になってよく分かりました。
これを読んでなんか感じろとは言いません。
ですが、日本にはこんなことを考えているアニヲタが居るってことくらいは知っておいてください。
まぁ「所詮アニヲタの自己正当化だろ」とか思われても仕方ありませんしね……

最後に見直してみたのですが、勢いだけで書いたのでいろいろと支離滅裂なこと書いてますね……
ですがまぁあえて修正せずにうpしときますね。
3
タグ: アニメ 萌え



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ