2010/3/21  18:34

経済系科目  勉強法

経済系科目には、ミクロ・マクロ経済学(経済原論)、財政学、経営学、会計学などがあります。ぶっちゃけ、財政学・経営学・会計学は捨てで。こんなものほとんど出題されないし、対策するだけムダです。そんな時間があるなら、ミクロ・マクロ経済学をしっかり勉強しましょう。

てなわけで、ここではミクロ・マクロ経済学の対策法です。

この教科は民法と並んでおそらく嫌われ科目のツートップでしょう。
勉強していても、なんでそうなるの?とか謎だらけ(笑)

ところがどっこい、対策法はあるのです。





受験生の定番であるスー過去マクロ経済学ミクロ経済学をひたすら解いてください。この科目は理解して攻略しようとすると撃沈します。そうではなくて、とにかく解き方をスー過去を解きながら覚えてください。オーナーはスー過去を何回も繰り返し解いて、解法パターンを覚えました。実際に解法パターンを覚えると、逆に理解が進んでしまうという不思議現象が起きますので(笑)

ミクロ・マクロとか一度も勉強したことのない、ズブの素人のオーナーが言うから間違いない(笑)


何回もスー過去回していても、分からない問題も出てくると思います。そんな問題はパスして下さい。どの教科にも言えることですし、受験勉強の鉄則だと思いますが、基本問題をしっかり取るというスタンスが大事です。割り切るところは割り切っていきましょう。

そしてこの教科は例外的に正文化をしても意味がないのでご注意を。

とにかく機械的にゴリゴリ解いていく・・・これがミクロ・マクロの必勝パターンです。
0
タグ: 公務員試験



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ