2013/2/5

記憶する技術  効果的学習法
勉強で効果的に記憶するためには、知っておいたほうが良い技術があります。何回も復習する事もその1つですが、復習に関して言えば回数とともにタイミングも重要です。以前書いたように、4割くらい忘れた頃がベストタイミングとなります。


復習以外に効果的な技術としては、


@ 視覚だけでなく、なるべく多くの感覚を使う
A 印象を強くするため、極端なイメージと結びつける
B 既知の知識と関連付けて覚える
C 下線、マーク、太字などを活用する
D 覚えにくい部分に注意を集中する
E 規則性、法則性を見つける
F 図、表、グラフ、チャートなどを活用する
G 人に教える


など、様々なものがあります。記憶の達人も、必要に応じてこれらの技術を使い分けているようです。


すごく大雑把に言えば、記憶の効果は次の掛け算のイメージです。


[1回の勉強・復習のインパクト]×[復習の回数]


インパクトが強ければ復習は少なくて済み、インパクトを強くできないなら復習の回数でカバーする、ということです。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ