2013/1/8

理解する事と使う事  効果的学習法
勉強するとは、理解し、それを使う事です。理解しただけでは役に立たないし、試験ではイヤでも使うことになります。


1つの知識を勉強するときは、


@ まず、その知識を理解する。
A 次に、その知識を使ってみる。


ということを意識するとよいです。


たとえば、中学校の数学で、「2方程式の解の公式」を習います。上記の@Aは、それぞれ次のような勉強をすればよいですね。


@ ⇒

なぜ、その式で2次方程式の解を表せるのかを、参考書等で理解する。その後、独力で解の公式を導いてみる。


A ⇒

いろいろな2次方程式を、解の公式で解いてみる。2次方程式を用いる応用問題を解いてみる。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ