姿勢 : 吉祥寺 アキュモ鍼灸治療院  


ごろねダイエットはなぜこうかがあるのかごろねダイエットは緩いダイエットでありながらもこうかが期待できるりゆうですが、なぜかんたんな運動だけでこれだけのこうかがあるのでしょうか。

まず、ごろねダイエットでは内臓布巾のインナーマッスルにはたらきかけるため、外からみえる筋肉が鍛えられるりゆうではありません。

つまり、筋肉の量の増加によるもののみでなく、内臓が活発にはたらくことできそ代謝が上がり、しょうひする熱量が増加するのです。

ごろねダイエットによるこうかというのは、単純に運動による熱量のしょうひだけでなく、体全体のとどこおりを改善することによって代謝が活発化され、きそ代謝をおし上げることで発揮されているのです。

しかし、ごろねダイエットをおこなうことで確実に体にへんかをもたらすということは、筋肉の発達以外にも何かこうかがあるということでしょうか。

また、寝たままストレッチをおこなうことで姿勢による歪みが改善されるので、体の歪みによって凝っていた筋肉もほぐされて血の巡りがよくなり、体全体のたいおんも上昇しやすくなります。

しかし普段の運動では鍛えられにくいインナーマッスルを鍛えることで、それらがささえている内臓のたいおんが上がり、内臓のはたらきも活発になります。

このため、分かりやすく筋肉が増えるということが無いのです。

確かに筋肉の量を増やせばしょうひする熱量が増えるため、ダイエットにつながるのですが、これだけ緩めの運動を毎日とはいえ数分おこなうだけで、げきてきに筋肉量が増えるとはかんがえられません。

もちろん運動そのものも重要ですが、ごろねダイエットの場合にはすぐにこうかが出る短期的な運動というよりも、ちょうき的につづけることによってふとりにくい体を創る体つくりといった側面が敷いといえるのです
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ