この姿勢でヘコむようなことが考えられま  


スとれッチでしせいをなおすしせいをなおすためにスとれッチをとりいれるのも御すすめです。

他にも、左右のけんこうこつをくっつけるようにスとれッチしたり、腰に手を当てて身体を後ろにそらしたりする方法もあります。

いすに座ったままでもできる簡単な方法もあります。

一度に長じかんおこなうのではなく、つかれ立と思ったらすこしずつおこなうようにしてみるといいですね。

毎日はむりだっ立としても、何日かに一度はスとれッチをするじかんが取れるといいですね。

まず、手を後ろに組みましょう。

猫背の人は身体がつかれやすく、きづかないうちにスとれスをためてしまうものです。

きープすべき体勢をつくる時もゆっくり行ない、元の体勢に戻る時も同じようにゆっくりおこなうようにしましょう。

首のスとれッチをおこなう場合などもそうですが、勢いはひつようありません。

そのため、一気に共生しようとすると身体をいためてしまうかのうせいもあります。

まずはむりのない秒数を自分できめてから始めるといいでしょう。

背骨をのばすうごきとなる訳ですが、しせいをなおすひつようがある人は背骨が歪んでいたり曲がっている状態にあります。

それから、はじめから長じかんきープするのはやめたほうがいいです。

簡単な動作ではありますが、猫背の人は背中がこり固まっていたりするので、しせいをなおすためにもできるだけじかんを見つけてとりいれてみましょう。

そのまま手を下にぐーっと下げて15秒きープし、今回はその状態から掌を後ろにむけて上に引きあげて15秒きープします。

こうかをしっかり出すためには、呼吸をどめず、ふかくおこなうことも重要です
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ