パソコンの姿勢改善について(1) |  


正しい姿勢とは姿勢を治すためには、正しい姿勢とはどういったものなのかをしる必要があります。

猫背の人は、首の中央が線より背中側に来ていたりすることがおおいです。

大切なのは、体がまっすぐになっているかという点です。

線をひくことで、姿勢をどう治す必要があるかがわかります。

鏡を見てチェックするという方法もありますが、出来れば正面からではなく、体を横から見たほうがわかりやすいです。

しかし、体の横を鏡に映しても、かくにんする時に顔をかたむけなければならないので、わかりづらいかも知れません。

形体で撮影したばあいなどは定規を当てるだけでも構いません。

じぶんから意識して、おかしいたち方や座り方をしている人はいないでしょう。

癖になってたいせいが崩れてしまっているのがほとんどなので、注意しておきたいポいんトを先にかくにんしておくといいですね。

さいきんは、形体電話の精子画撮影機能にたいまーがついていることがおおいので、じぶんで撮影することも出来るとおもいます。

まず、ピンとまっすぐにたってみましょう。

そして、撮影した写真の上に線をひいてみましょう。

出来れば、写真を取ってかくにんするといいでしょう。

そして、その線が身体のどこを通っているかかくにんしましょう。

正しいポいんトは、首のつけね、ウエスト、足の裏のそれぞれ真ん中です。

引き方は、耳の中心からじめんに向かって垂直に引きます。

写真を見ながらじぶんはどこが基準からずれているのかをかくにんし、どう治す必要があるのか考えてみましょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ