世界三大姿勢がついに決定  


ストレッチでしせいをなおすしせいをなおすためにストレッチをとり居れるのも御すすめです。

毎日は無理だったとしても、何日かに一度はストレッチをするじかんがとれるといいですね。

せぼねをのばす動きとなる所以ですが、しせいをなおす必要がある人はせぼねがゆがんでいたり曲がっているじょうたいにあります。

簡単な動作ではありますが、猫背の人は背中がこりかたまっていたりするので、しせいをなおすためにもできるだけじかんを見つけてとり居れてみましょう。

そのため、いっきにきょうせいしようとするとしんたいを傷めてしまう可能性もあります。

首のストレッチを行う場合などもそうですが、勢いは必要ありません。

まずは無理のない秒数をじぶんできめてからはじめるといいでしょう。

いすにすわったままでもできる簡単な方法もあります。

他にも、左右の肩甲骨をくっつけるようにストレッチしたり、腰に手をあててしんたいをうしろにそらしたりする方法もあります。

猫背の人はしんたいが疲れやすく、気付かないうちにストレスをためてしまうものです。

それから、はじめから長じかんきープするのは辞めたほうがいいです。

一度に長じかん行うのではなく、疲れたとおもったら少しずつ行うようにしてみるといいですね。

きープすべきたいせいをつくる時もゆっくりおこない、元のたいせいに戻る時も同じようにゆっくり行うようにしましょう。

そのまま手を下にぐーっと下げて15秒きープし、今回はそのじょうたいから掌をうしろにむけて上に引き挙げて15秒きープします。

まず、手をうしろに組みましょう。

硬化をしっかり出すためには、呼吸をとめず、深く行うこともじゅうようです
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ