鬼に金棒、キチガイに姿勢  


肩こりと頭痛にみっせつな関係があるとかんじている人は多いとおもいます。

肩のこりをほぐすことで改善することも多いですから、時々軽く身体を動かしたり、首を回したり肩をもんだりして血行を良くするのも効果的です。

へんずつうのようなはき気をともなうことがなく、これによってへんずつうと区別されています。

それもそのはずです。

肩こりから頭痛になるといった経験をする方が多いからですね。

肩こりが原因でおきる頭痛を「緊張型頭痛」といいます。

頭痛に肩こりをともなうとかんじることもあるようです。

緊張型頭痛の特質は、頭がドクドクと脈打つようないたみではなく、ギリギリと絞めつけられるようないたみであることが多く、目のつかれや目眩をともなうこともあります。

その原因の多くは、姿勢や眼精ひろう、ストレスなどです。

特にパソコンやテレビゲームが普及しはじめた頃から、こどもでもはっしょうする子が多く見られるようになりました。

首から肩のコリ(血行不良や筋の緊張)や、きょくどの精神緊張によっておきるとされています。

なんと肩こりが原因の頭痛は、頭痛全体の7??8割とも言われるほど多いのです。

長じかん同じ姿勢でのデスクワークは持ちろん、テレビ画面やパソコンのモニター画面を見続けることで、筋肉へのふたんだけでなく眼精ひろうもくわわり、引き起こしやすくなってしまうのです。

また、緊張型頭痛は慢性的な頭痛であることも特質です。

ひどくなると改善も大変になるので、早いうちから肩のこりを貯めないようにしたいものです
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ