姿勢や!姿勢祭りや!!  


正しいしせいを保つこつそしょうしょうが進行していく中ではいたみが出てくることがあります。

こつそしょうしょうの腰痛予防においては、たっている時にも座っている時にも正しいしせいでおこなうことが大切です。

その中でも最も多いのが腰痛で、こつそしょうしょうの代表的な症状の一つだと言われています。

はじめのうちは座ることだけで疲れてしまうこともありますが、それは体にゆがみがある証拠です。

またこつそしょうしょうの場合、骨が弱くなっていることによるむりなしせいが原因でいたみを強くすることが考えられるので、正しいしせいを保つしどうが行われることもあるようです。

いすに座る時は、ぶかく腰書け背骨をのばしてこしかけます。

こつそしょうしょうの腰痛予防のためにはどんなしせいがよいのでしょうか。

たつときのしせいでは、体のセンターに棒があることをイメージして真っ直ぐたつようにします。

ほとんどの場合、安静や鎮痛剤などによるいたみの緩和ちりょうが行われるのが一般的です。

どちらかの足に重心を負いたたちしせいをする方がいらっしゃいますが、そういったたち方は体のバランスを崩し、腰痛をおこす原因となってしまいますので、体のちゅうしんでバランスを摂ってたつことをいしきしましょう。

座る時のしせいでは、座骨が真っ直ぐになることをいしきします。

こつそしょうしょうで起こる腰痛は、徐々にいたみが出てくるような軽症の場合もあれば、日常生活に影響がでるような重度なものまで様々あります。

床に座るような時も、あぐらをかいたり足を左右どちらかに曲げて座るのではなく、クッションなどを利用して正しいしせいですわれるよう工夫します。

正しいしせいが身に突くように毎日少しずつ慣れていくことが大切です
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ