姿勢は即刻滅亡すべき  


しせいをなおす意識しせいをなおす意識を持っているものの、それが長続きしないという人もいることでしょう。

それが「普通」になってしまっているから、そのたいせいで過ごしている訳です。

つまりしせいをなおすためには、ただしい状態でいる癖をつけることが何よりも重要だということです。

これは、できるだけ具体的にかんがえておいた方が良いです。

ただ単になおすとかんがえていても長続きはしないものなので、じぶんがただしいたち方や座り方を目さすのは何のためなのかを先に明りょうにしておくといいですね。

ですから、テレビを見ながらなど、簡単なことと同時におこなうといいですね。

しっかりとした意識・目標を持って始めることで、一かげつ後には数倍良くなっているはずです。

「周りからなおしたほうがいいと言われるから」というのも理由の一つとなりますが、「なぜか」という理由だと長続きしません。

おかしなたいせいで過ごしている人というのは、別に意識してそのたいせいでいる訳ではありません。

その場合は、「まずは5分」とかんがえて意識を集中し、その時間だけでも絶対にただしいしせいをいじできるようにこころがけます。

なにかをしながらおこなうと、きづけば作業に夢中になっていたということもあるものです。

しせいを矯正することが出来たじぶんの姿を想像することが出来れば、やる気は更にあっぷすることでしょう。

たとえば、「このスカートを掃いて歩いた時にかっこよく歩けるように」とか、「腰痛をなおすため」といったことです。

「なおせればいいな」ではなく「絶対になおす」としいいしを持って始めましょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ