姿勢の品格  


私達が眠るときに欠かせない「枕」ですが、頚椎ヘルニアを発症している方にとっては、その枕がとてもじゅうような存在となってきます。

その為、頚椎ヘルニアを発症している方の「枕選び」は非つねに大事なのです。

でも、これでは、寝かえりを売って横むきになった場合には、首に負担が罹ってしまうのです。

細菌では、オーダーメイドの枕がふえてきて、じぶんの頭の形や首の湾曲に応じたサイズの枕を注文する方も多いようですが、通常のオーダーメイドでつくられている枕は、この仰むけ時の高さにあわせてつくられています。

じぶんの高さに会っていない枕は、頚椎ヘルニアを悪化させるだけではなく、睡眠の質にも悪影響を及ぼし、最悪不眠症になってしまうケースもあります。

せっかく、枕がじゅうようだとオーダーメイドで作ってみても、実際に朝起きた際に首や肩に疲れをかんじていたら、それは枕の高さがただしくないケースが殆どです。

枕の高さは、仰むけの時と横むきの時、りょうほうの寝方に会っていないと意味がありません。

まず、ねる時のしせいですが、私達は朝までずっと仰むけで寝ている理由ではありません。

首に負担が掛からないとされている枕は、あまり硬くなく、肩・首・頭を全体的にささえられる大きめの枕で、寝かえりがうちやすい形となっているものがよいとされています。

それでは、頚椎ヘルニアでも安眠できる枕とは、どのような枕なのでしょうか。

頚椎ヘルニアを発症していなくても、じぶんに会った枕で首を休める事は健康にも繋がりますので、普段からじぶんに会った枕を試用する事をおすすめします
0




AutoPage最新お知らせ