姿勢の置かれている状況をもう少し理解してもらいたい  


よく「大人になってからも背がのびた」といった事を、耳にした事はありませんか。

この、骨がのびるじきが判ると、自ずと大人になってからも身長がのびるかどうかが判ると言う事になりますね。

それでは本当に、大人になったら身長はのびないのでしょうか?まず、理解しておいてほしいのが、身長がのびると言う事は、つまり「骨がのびる」と言う事です。

また、背中が曲がっているようなしせいを矯正したり、O脚をかいぜんしたりした事で、以前よりも身長がのびたケースもあります。

ただし、せいじんをすぎてからも骨端線が固まらず、ぞうしょく活動がおこなわれて骨がのびている方も稀にいらっしゃるので、大人になったら身長はのびない、とは断言出来ません。

つまり、骨端線が完全に骨に変化してしまうと、もう骨がのびる事はなく、基本的に身長がのびる事はないと言ってもいいでしょう。

骨がのびる仕くみは、骨の両端にある「骨端線」と呼ばれているなんこつのさいぼうがぞうしょく活動を活性化する事で骨がのび、身長がのびていきます。

けれど、この骨端線は思春期を終える頃に閉じてしまい、消えてしまうのです。

実際に、会社の健康診断などで去年よりも背がのびている人を見書けたりしますが、私達は以前から「大人になったら身長はのびない」と言われてき立と想います。

ただ、身長がグングンとのびるじきはやはり思春期をむかえるじきですので、大人になってから身長が驚く程のびるような事はないと言っても良いでしょう
0




AutoPage最新お知らせ