仕事を楽しくする姿勢の6ステップ  


現代では、椅子に座る機会がとても多いとおもいます。

それでは、正しい座り方のこつを確認してみてください。

5、足の裏が地面につくように座る。

それに、けっこう不良もおこしてしまうのです。

たちっぱなしのしごとにくらべると、デスクワークの方が楽なようにおもいがちですが、実際には立ってる時よりも、座っている時の方が浸かれるといわれています。

これは自分自身は楽だと思っていても、実際にはきんにくや骨盤に負担をかけています。

2、背筋を伸ばす。

しごと柄、何じかんも椅子に座っている方もいることでしょう。

4、肩の力を抜く。

その負担が腰痛などのげんいんにもなりかねません。

でも、正しいしせいで座っていないと、たいちょう不良のげんいんになってしまうこともよくあります。

見た目にもだらしなくみえますし、誰がみても正しいしせいとはいえないですよね。

椅子に長じかん座る方で、浸かれやすいという方は座り方にもげんいんがあるのかもしれません。

正しいしせいができるようになれば、逆に足を組みにくくなるはずです。

ぜひ正しいしせいの座り方のこつを身に着けてみてください。

1、深く腰かけて、お尻が背もたれに密着するようにする。

椅子に座ると、猫背になったり、足を組んだりする方は少なくないでしょう。

正しいしせいとは、きれいなしせいというよりも、体に負担をかけない健康的なしせいといった方が良いでしょう。

3、あごをすこし惹く。

座ることによって足は癒されますが、そのはんめん、腰には負担をかけているのです。

異常のことを意識するだけでも、ひかくてき正しいしせいで座ることができるようになるのではないでしょうか
0




AutoPage最新お知らせ