『姿勢』という幻想について  


しせいを悪くする生活しせいを悪くする生活しゅうかんについていくつか紹介しましょう。

これは目がわるかったりするのも原因となってしまうので、目が悪くて物が見えないからちかづいてしまうという人は、コンタクトや眼鏡をつくることをけんとうしたほウガイいですね。

まず誰にでも言えることですが、何かをする時に顔をちかづけるということです。

放置しておくと更に視力は悪くなり、それにつれてしせいも悪くなってしまいます。

正しいほうほうは、普段の生活の中で、できるだけしせいを良くして過ごすことをつづけることです。

それからじょせいに多いのですが、背が高いことをコンプレックスに思っていて、できるだけ背中を丸め、じぶんを小さくみせようとしている人がいます。

じぶんで「今おかしな体勢だ」と気ついたら、すぐに治すようにしましょう。

これは、とうぜん猫背をつくる原因となってしまうので、治すようにしましょう。

「じぶんの座り方やたち方・歩き方はおかしい」と気にしすぎてしまうと、胸を貼りすぎてしまうこともあるでしょう。

毎日過ごす中で、じぶんが無意識のうちにやってしまっているおかしなポーズなどはないか、一度ちゅういしてかくにんしてみるといいですね。

こういった間ちがった矯正ほうほうも治すようにしないと、身体の歪みはどんどん悪化してしまいます。

同じように、肩が前にむかって閉じている形だと、意識して肩を後ろに引こうとする人もいます。

家族など、伴に過ごすじかんが長い人におねがいして、しせいが乱れている時があったらすぐにちゅういしてもらって治すようにするのもおすすめです
0




AutoPage最新お知らせ