今ここにある姿勢  


でぃふぇんすで抜かれない方法バスケットボールのでぃふぇんす時には、抜かれない動きを上達させることが重要です。

また、バスケットボールのボールを保持している相手へのでぃふぇんすとしては、デッドボールとライブボールが挙げられます。
美白美容液 口コミ ランキング
相手がその場でボールを保持している時は、でぃふぇんす時の正しいしせいを保持したまま、左右の動きで対処します。

ドリぶるをしていた相手が、ボールを持ってたちとまっているじょうたいをデッドボールと言います。

このじょうたいでは、腕をのばすことでボールにふれられるきょりかんででぃふぇんすをする必要があります。

相手がドリぶるで攻め入ってくる時も正しいしせいを保持し、斜め後方に動きつつ、下げたほうの手ではボールをうばいにいきます。

この時、腕を高くあげるとシュートとパスを妨害するこうか、視界をひろく保つのを妨害するこうかがあります。

まず、オフェンスとゴールを直線で結び、その間にたちいちをとります。

このじょうたいになると、相手ができることはシュートとパスに限定されます。

この時、目線と腰の高さを代えずにさいドステップができるよう、上達に励みましょう。

相手とボールの動きを即座に捉え、うごくほうにがいとうする手をあげ、そうでないほうは下げたじょうたいにします。

ライブボールは、デッドボールに対してボールを持っている相手がなんでもできるじょうたいを言います。

そうすることで、相手の緩急をつけた動きなどに翻弄されにくくなるのです。

ドリぶるを想定する必要がなくなり、いっていの距離を保たなくても良くなりますので、一気に間空いをつめてしまいましょう。

これらのことをいしきしながら、バスケットボールのでぃふぇんす上達を目さしましょう
0




AutoPage最新お知らせ