姿勢に至る病  


あるきかたでしせいをなおすしせいをなおすためには、歩いている時にも注意しなければなりません。

具体的にどうすればいいのかというと、頭の上を引っはられているイメージで、背筋をピンと伸ばして歩きましょう。

よく「腰から歩いている」と表現されますが、以外にこういったあるきかたをしている人が多いです。

座っている時にじぶんで意識する人は多いようですが、歩いている時も注意出来る人は少ないようです。

この場合は、先に説明したように、頭を上にのばすつもりで歩くと改善することが出来るでしょう。

身体は、腰に引っはられるようにして歩いています。

顔が前に出てしまっていて、それを支えるために足をだしていくというあるきかたはよくありません。

頭のてっぺんからひともとの線をひいた場合、身体のどこを通っているでしょうか。

たまに、肩を揺らしながら歩いている人を見かけますが、これは身体の中心やばらんすが乱れてしまうため、はやめに治したほうが良いですね。

それから、前のめりになって歩いている人もいるようです。

他にしせいをなおすひつようがある歩聞か立として上げられるのは、腰が前に出ているものです。

疲れていたりすると、しせいをなおすことを忘れてしまい、じぶんが楽だと思うあるきかたになってしまったりしますが、正しいしせいをすれば疲れにくくなります。

できれば、歩きながらじぶんの身体の軸はどこなのかを考えてみるといいでしょう。

癖をつけるまでは大変かもしれませんが、いちど正しいあるきかたをますたーしてしまえば、長く歩いても疲れにくくなるはずです
0




AutoPage最新お知らせ