1971年の姿勢  


肩こりのげんいんは、肩から首にかけてのけっこうが悪くなることで起こります。

・伸ばした腕の肘のあたりに反対の腕を下からもち上げるようにして、胸のほうにひきよせる。

・ゆっくりと首をさゆうに振る。

長じかん同じ姿勢で作業をしたりすると、起こりやすいと言われています。

また、長じかん続ける必要はありません。

休日のエステやマッサージも良いですが、けっこうが悪くならないよう、しごと中も時々軽いストレッチなどをおこなうことで、肩こりを防ぐというのが一番こうか的です。

・ゆっくりと首を前後に振る。

・ゆっくりと両肘をせなかであわせるようなかんじで胸をはる。

肩こりになる前に予防するということです。

これらを2??3回ずつおこなうだけでも良いでしょう。

つまり、肩から首のけっこうを改善すれば、肩こりは解消するということになります。

・ゆっくりと両肩を回す。

・首を引っこめ、肩をもち上げるかんじでガクッとおとす。

要は、肩と首の筋をゆっくり伸ばしたり縮めたりという動作を数回言って、筋の緊張を解すと考えれば良いですね。

また、軽いうちにほぐすということも大事ですね。

・ゆっくりと首をさゆうに回す。

あくまでも肩の緊張を解し、けっこうを改善させることが出来れば良いのです。

筋を痛めてしまっては、む知ろ逆こうかなので、ストレッチはゆっくり言ってちょうだい。

この程度であれば、席をたっておこなう必要もなく、時分の席で殆ど人にきづかれることもなく、2??3分でできてしまいますから、デスクワークの際には是非1??2じかんにいちどとりいれてみてちょうだい
0




AutoPage最新お知らせ