マインドマップで姿勢を徹底分析  


いすの高さ調整で姿勢をなおすデスクわーくをする人などは、いすに座った時に、じぶんが正しいかっこうで座ることが出来ているかも確認しておいたほうがいいでしょう。

パソこんをしている人は、もにたーがめんのいちが目線より下に来るようになおすのが御すすめです。

こうすることで手が浸かれにくくなるため、しごとでちょうじかんパソこんをつかうという人でも、腕に負担をかけることなくさぎょうが出来ます。
神戸 債務整理
特に、足の裏が地面についていない姿勢だと、足全体が浸かれてしまいます。

つまり、手首は肘よりと同じラインか、それよりも下に来るようにしましょう。

目線よりも上に来てしまうと顔を上にあげる必要があるため、首が浸かれ、肩こりにもつながってしまいます。

他には膝も同じです。

姿勢で確認しておきたいポイントは、パソこんやかきものなどをする際に、肘はどれくらいのかくどになっているかという点です。

そのため、机やいすの高さ調整が出来ない場合は、あしもとに台などをおいて正しい高さをつくるようにしましょう。

特に大切になってくるのは、いすの高さです。

理想は90度以上です。

座った状態での姿勢をなおすためには、「90度」というかくどがポイントになります。

人によって座高はちがう訳なので、高さが調整できるいすをつかったほうがいいですね。

またディスプレイまでのきょりも、出来れば40センチ以上は離すようにしましょう。

まちがった体勢で座っていると、視力を悪くしてしまったり、むくみなどにつながってしまうこともあります。

あまりはなしてしまうと上半身が前のめりになり、正しい姿勢とは言えなくなるので注意が必要です
0




AutoPage最新お知らせ