最新脳科学が教える姿勢  


歩き方とこつばんのゆがみたまにおかしな歩き方をしている人を見かけることがありますが、こつばんのゆがみが関係している場合もあります。

改善のためには、股かんせつを柔らかくしたりこつばんのゆがみを共生するひつようがあります。

腰を後ろにひいた猫背の市井で歩いてしまっている人は、大腰筋と呼ばれる筋肉がおとろえていることに原因があるかもしれません。

もう一つは、横から見た時に、腰をひいていたり突きだしている歩き方になっていないかという点です。

ナカナカ人から指摘しづらいことでもあるので、じぶんがおかしな歩き方をしていないか、いちどチェックしてみてはどうでしょうか。

こつばんのゆがみが原因で歩き方がおかしくなってしまっている人は、背筋をピンとはるようにいしきした上で腰回りの筋肉を鍛えましょう。

一つは、正面から見た時にしんたいが左右に揺れていないかという点です。

確認したいポイントは二つあります。

おおきな鏡やガラスがあるおみせの横を歩いた時などに確認出来ますね。

足のづけ根にあたる部分なので、ここがゆがんでいたりすれば、足のだし方も代わってきますよね。

しんたいの軸がぶれているので、じぶんできづかないうちに左右にしんたいを揺らしながら歩いてしまいます。

歩いている時によく人とぶつかってしまうという人は、しんたいを横に揺らしながら歩いているかのう性があります。

大腰筋を鍛えるためには、一本線の上を歩くとれーにんぐをしたり、大股で早歩きをするのが有効です。

力をぬいて歩いてしまう人も筋肉がおとろえやすいので、ただしい歩き方ができるように注意したいですね
0




AutoPage最新お知らせ