日本姿勢科学学会-インフォーメーション  


しゃこうだんスをおこなうにあたって、もっとも大事なもののひとつにステップがあります。

ステップの基本は、しせいを正しくする事を心かけ、何度もくりかえし練習する事です。

例えば、スタンダード種目では、・ワルツ・タンゴ・すろーフォックストロット・クイックステップ・ウィンナーワルツラてんアメリカン種目では、・チャチャチャ・サンバ・ルンバ・パソドブレ・ジャイブ等があります。

ぶるースのステップ等は、おんがくがゆっくりしていて比較的簡単ですので、しょしん者の方にむいているかもしれませんね。

でも、このしゃこうだんスのステップ、いったい何種類ぐらいあるかご存知ですか。

しょしん者のうちはすべてのステップをおぼえる事はとても大変ですし、またその必要性もありません。

簡単なものから難しいものまで、実はステップの種類はほんとうに沢山あるのです。

現在の日本では、上記のきょうぎだんスの種目が主流として普及してきましたので、この10種目を「しゃこうだんス」と称する場合もすくなくありません。

けれど、きょうぎでしようされているだんスステップいがいにも、パーてぃーだんスでは、・ぶるース・ジルバ・まんボ・スクエア・ルンバ・サルサ等のステップがあります。

まずは、自分の好みにあわせて、おどりたいステップを練習していくと良いでしょう。

ステップをきちんとおぼえるまではぺあを組まないで一人で練習するようにし、なれてきたらおんがくにあわせて踊るようにすると良いでしょう
0




AutoPage最新お知らせ