新たな習慣へのトライ アサーティブな姿  


坐骨神経とは、腰椎からお尻をとおり、太ももからふくらはぎ、足の先までとおっているにんげんの体内で一番大きな神経のことを言います。

薬を服用しても痛みが敷いばあいは、神経に局所麻酔を駐車するブロック駐車治療をおこないます。

坐骨神経痛の原因としては、脊髄や神経が圧迫されることによって痛みが生じるのですが、だいぶぶんは腰椎の椎間板ヘルニアが原因だと言われています。

しごとをされている方が大半だとは思いますが、長いじかん、中腰で作業したり、同じ刺青で作業しつづけることはとてもきけんです。

それでも改善されないばあいは、手術をおこなう必要があるでしょう。

この神経が、何らかの原因により、刺激されたり、圧迫されることによって、痛みやしびれをかんじるのが坐骨神経痛です。

しかし、椎間板ヘルニアだけが原因な理由ではなく、他にも、腰椎の主要であったり、前立腺がんなども原因の一つです。

痛みやしびれの度会いはそれぞれで、軽いばあいもありますし、重度な物になると、マヒが起こったりもします。

どのような部分に痛みがあらわれるかと言うと、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎや足の裏にまで痛みをかんじることがあります。

それに、重い物をもちあげる時にも、注意が必要です。

中高年の方におこりやすい病気なので、日常生活でいろいろなことに注意しなくてはなりません。

痛みが強く出てしまったばあいは、非ステロイド性のしょうえん鎮痛剤を服用して、安静にしているのが一番良い方法です。

アトは、規則正しい生活・ばらんすのとれた食事・適度なうんどうをこころがけて生活してください
0




AutoPage最新お知らせ