心の姿勢 + 「接客マナーは心の礎」  


けいついヘルにあの症状の特徴として、どのけいついがヘルにあになるかによって症状にもちがいがあらわれる事があります。

その際、無理にうごかそうとすると、肩から手にかけて、「ビリビリ」とした痛みや痺れが走ります。

しかし、症状が進んでくると、足がこわばってほこうが困難になってしまう場合もあるのです。

・はき気、めまい、耳なり・・・稀に、自律神経の失調症状を併発する事があるのです。

通常であれば、じょうはんしんに症状が出るケースが多いのですが、神経が圧迫されている部分が広はんいに渡っていると、症状が下半身にまで及ぶケースも珍しくありません。

・脱力感・・・体全体が脱力したような状態になるケースも少なくないでしょう。

軽いけいついヘルにあであれば、首へのいわかんや、決まった姿勢や負担を賭けたときに、「ピリッ」とした軽い神経痛をかんじる程度ですむ場合もあります。

・ほこう困難・・・痛みや痺れ、脱力感によって、ほこうが困難になる事があります。

このような症状に多く当てはまるようでしたら、けいついヘルにあを疑ってみた方が良いでしょう。

・首の動き・・・初期の段階では、首の動きがおかしくなったり、うごかなくなったりします。

・痺れ・・・手や指の痺れや、歌詞の痺れを伴う場合があります。

・痛み・・・頭痛がしたり、首、肩、上肢に痛みをかんじます。

それでは、けいついヘルにあになると、具体的にどんな症状が出てくるのでしょうか。

もし、痛みや痺れが常につづき、日常の生活にも支障が出るようであれば、早急に受診する必要があるでしょう
0




AutoPage最新お知らせ