笑顔でまいりましょっ! 姿勢矯正から  


骨盤クッションでゆがみを治す骨盤のゆがみを撮るためのクッションがあります。

椅子に座るとせなかが丸くなってしまう人がいますが、クッションを置くことで正しい姿勢を保つことが出来ます。

クッションたいプは、大きく分けると二種類あります。

かたい素材や柔らかい素材など、しょうひんによって特性がちがうので、自分に合ったものを使うといいでしょう。

これは椅子の背もたれにおいて使うクッションとなります。

もう一つの種類が、せなかをささえるたいプのクッションです。

自分がむりなく試せる価格のしょうひんから購入してみるといいでしょう。

クッションであれば、ただ座っているだけでいいので、体操が苦手な人やストれすなく共生したいと思っている人にもむいているでしょう。

真ん中が低くなるようにつくられているので、座るだけで自然に骨盤が閉じるような設計になっています。

一日中座るというより、一日15分程度座って共生するものが多いですね。

一つ目は、座るたいプのクッションです。

他にもベルトなどが有名ですが、ベルトは、つけた状態で体操をしなければならないものなどもあり、続けるのが面倒になってしまった人もいるかも知れません。

価格はしょうひんによってちがいますが、千円程度で購入できるものもあれば、10000円をこえるものもあるなどさまざまです。

座るクッションには、床において使うものと椅子において使うものとがあるので、間違わないように注意する必要があります。

背骨のゆがみは骨盤のゆがみとも関係しているので、どちらも上手に共生しましょう
0




AutoPage最新お知らせ