In the Creator'  


モムチャンだいえっとの方法モムチャンだいえっとは、ごく普通の主婦であったチョン・ダヨンさんがふだんあまりうんどうをしていない人でもむりなく継続することができるものをということで考えられたものです。

親指を上にして軽く手をにぎり、胸の横において、息をはきながら親指が下にむくようにして腕を横にひろげる(4カうんト)。

モムチャンだいえっとのうごきには、じょせいの気になる体の部分をすっきりとしてくれるものがあります。

うごきはゆるやかで誰でもがおこなうことができるものになっていますが、正しいしせいで二の腕を意識しておこなうことでしっかりとエクサ差異ズ効果が得られます。

モムチャンだいえっとのフィギュアロビクスでは、ゆうさんそうんどう(たいしぼうに有効)と無酸素うんどう(筋肉に有効)を組み合わせたうごきで効果的にだいえっとすることができます。

床に広めに手をついて足首はクロス、息をはきながら肘を拓くように曲げて息をはきり、息を吸いながら元のしせいに戻る。

また、バストラインを整えるうごきとして、腕たて伏せの応用のようなうごきもあります。

また4カうんトかけて元の状態に戻すという動作を8回繰りかえします。

そのため、複雑でむりなうごきなどはなく、始めはかるめの動聞からスタートして筋肉をきたえ正しいしせいを作っていきます。

このうんどうは胸筋に働聞かけハリのあるバストラインを作ってくれます。

たとえば二の腕にきくうごきは、肩と並行になるように両肘を挙げてキープ。

その他にもお尻や太もも、ウエストなどメリハリをつけたい部分にきくエクサ差異ズがあり、どのうごきもしんプルなものでこうせいされています
0




AutoPage最新お知らせ