姿勢と動作 ハピナナライフ*妊娠・出産  


ディフェンス時の体性バスケットボールは攻撃だけでなく、守備の技術も上達させる必要があります。

すき勝手にぷれイされてしまうことにつながりますので、半身になり過ぎない体性をこころがけましょう。

これらの他、過度にドキドキしているじょうたいでディフェンスをしていると、相手の意表をつく動きに対応できません。

前に重心が傾き過ぎてしまうと、相手のスぴーディな動きに翻弄されやすくなってしまうからです。

足は肩幅より外側に開き、重心をひくくするために膝を曲げます。

近過ぎてもいけませんし、遠過ぎてもいけませんので、上手く距離を調節するのがポイントです。

また、守備をする時の体性をつくる時には、まえかがみになり過ぎないように気を付けましょう。

そして急激な相手の動きに負いて行かれないよう、半身のじょうたいでかまえることが大切です。

また、相手との距離感として最適なのは、腕をのばした時にボールに届くぐらいでしょう。

バスケットボールのディフェンス時の正しい体性を確認し、上達を目さしましょう。

まず、状態をお越したじょうたいで、顔と目線は相手にむけておきます。

ただし、過度に半身にかまえてしまうと、それだけ相手の視野が広くなってしまいます。

そればかりか、目線が下にむけられてしまうので、相手をじっくりみることができなくなります。

理想的なのは、相手のどのような動きにも対処することが可能な姿勢です。

どちらか一方の手はたかく揚げてシュートやパスに備えますが、もう一方の手はひくくさげてドリブルでのかっといん、バウンドパスに備えます。

バスケットボールのディフェンス上達には、適度にリラックスしたじょうたいを保つのがのぞましいでしょう
0




AutoPage最新お知らせ