やきゅそく 【野球】ソフトバンク・小林  


イスの高さ調整で刺青を直すですくわーくをする人などは、イスに座った時に、時分がただしい格好ですわることが出来ているかも確認しておいたほウガイいでしょう。

パソコンをしている人は、モニター画面のいちが目線より下に来るように直すのがお奨めです。

目線よりも上に来てしまうと顔を上にあげる必要があるため、首が疲れ、肩こりにも繋がってしまいます。

他には膝も同じです。

こうすることで手が疲れにくくなるため、しごとで長じかんパソコンを使うという人でも、腕に負担をかけることなく作業が出来ます。

人によって座高はちがう訳なので、高さが調整できるイスをつかったほウガイいですね。

座った状態での刺青を直すためには、「90度」という角度がポイントになります。

そのため、机やいすの高さ調整が出来ないばあいは、足基に台などをおいてただしい高さをつくるようにしましょう。

理想は90度いじょうです。

つまり、手首は肘よりと同じラインか、それよりも下に来るようにしましょう。

またディスプレイまでの距離も、出来れば40センチいじょうははなすようにしましょう。

間違った体勢で座っていると、視力を悪くしてしまったり、むくみなどに繋がってしまうこともあります。

特に、足の裏が地面についていない刺青だと、足全体が疲れてしまいます。

刺青で確認しておきたいポイントは、パソコンやかきものなどをする際に、肘はどれくらいの角度になっているかという点です。

特に大切になってくるのは、イスの高さです。

あまり離してしまうと上半身が前のめりになり、ただしい刺青とは言えなくなるので注意が必要です
0




AutoPage最新お知らせ