「肩こり解消術/あさイチ」/カラダの健  


正しい姿勢を保つ骨粗しょう症が進行していく中ではいたみが出てくることがあります。

骨粗しょう症で起こる腰痛は、じょじょにいたみが出てくるような軽症の場合もあれば、日常生活に影響がでるような重度なものまでさまざまあります。

座る時の姿勢では、座骨が真っ直ぐになることを意識します。
fx 初心者 口座
また骨粗しょう症の場合、骨が弱くなっていることによる無理な姿勢が原因でいたみを強くすることが考えられるので、正しい姿勢を保つ始動がおこなわれることもあるようです。

はじめのうちは座ることだけでつかれてしまうこともありますが、それは体にゆがみがあるしょうこです。

ほとんどの場合、安静や鎮痛剤などによるいたみの緩和ちりょうがおこなわれるのがいっぱん的です。

たつときの姿勢では、体の中心に棒があることをいめーじして真っ直ぐたつようにします。

骨粗しょう症の腰痛よぼうのためにはどんな姿勢が良いのでしょうか。

骨粗しょう症の腰痛よぼうにおいては、たっている時にも座っている時にも正しい姿勢で行なうことが大事です。

椅子に座る時は、深く腰がけ背骨を伸ばしてこしかけます。

その中でももっとも多いのが腰痛で、骨粗しょう症の代表的な症状の一つだと言われています。

床に座るような時も、あぐらをかいたり足を左右どちらかにまげて座るのではなく、くっしょんなどを利用して正しい姿勢で座れるよう工夫します。

どちらかの足に重心を負いたたち姿勢をする方がいらっしゃいますが、そういったたち方は体のバランスを崩し、腰痛をおこす原因となってしまいますので、体の中心でバランスを摂ってたつことを意識しましょう。

正しい姿勢がみにつくように毎日すくなしずつ慣れていくことが大事です
0




AutoPage最新お知らせ