ねこマーシャル コアトレ・姿勢  


ヨガと組みあわせる寝ヨガとは、その名の通り寝たままにおこなうヨガのことです。

ただごろ寝だいエットとちがうことといえば、ヨガは鼻からゆっくり息をすい、お腹に力をいれたじょうたいで口からゆっくりはきだす呼吸を繰りかえすことです。

仰剥けのじょうたいで両手を広げて床につけて、両足のひざを曲げてゆっくりと胸の方へとひきよせます。

寝ヨガのやり方も至極簡単です。

そのまま背中と肩、広げた両腕が床から離れないように注意しながら、ゆっくりと両ひざを揃えたじょうたいで右に倒します。

寝ヨガの基本もごろ寝だいエットと同様に無理をせずできる範囲でおこないます。

ヨガはすうねん前にぶーむになりましたが、ゆったりと呼吸をしながらポーズを取ることで、全身にエナジーを生き渡らせつつインナーマッスルに働きかけることができるので、ふかの割にこうかが高いだいエットとして現在も高いにんきを誇っています。

肩甲骨をひきよせるようにひじをひいて胸を開いたら、やはり10回程度ゆっくりと呼吸を繰り返します。

顔を左に剥けて10回程度呼吸を繰り返したら、ひざを元の位置に戻してこんかいは左側に倒し、顔をみぎがわに剥けておなじように10回程度呼吸を繰り返します。

寝ヨガは寝おきのタイミングでおこなうことをよしとしています。

そのヨガを寝たままのしせいで楽におこなうのが寝ヨガという理由です。

次にうつぶせのじょうたいでてのひらを胸の脇に置き、ひじをたてて後ろにひきあげるようにじょうたいをおこします。

ごろ寝だいエットそのものとは若干異なりますが、ごろ寝のじょうたいでおこなう運動ということでごろ寝だいエットのひとつとしてとりあげたいとおもいます。

朝のごろ寝だいエットの前におこなうと体の代謝が上がっているのでより高いこうかが望めます
0

研究熱心な姿勢関連オススメ情報 紹介キ  


オナカダイエットと運動オナカまわりを細くするには、ダイエットがふか欠です。

ぽっこりオナカは、内蔵のズレを本来のじょうたいに戻すことによって解けされて、すっきりたいけいに代わることが出来ます。

運動が不得意な方も、きれいなウエストめざして体を動かしてみませんか。

じょせいにとってほっそりしたウエストは憧れです。

やせるためにも適度な運動をこころがけましょう。

運動は基礎代謝を挙げてくれますから、ダイエットこうかもより高まります。

また、内蔵の位置が代わったことで骨盤のバランスもわるくなっていることが多いのですが、運動で筋肉がつくと骨盤が整い、前進の姿勢も良くなってきます。

男性も、たるんだオナカよりも筋肉がほどよくついたたいけいのほうが、たくましさが増して見えるものです。

そこで、内蔵のズレを戻すために重要になってくるのが、筋肉をつけることです。

しかし空洞も多く、筋肉が衰えて、かつ、内蔵脂肪が増えてくると、内蔵の位置が本来の場所からずれます。

筋肉があると、下がっていたないぞうが元の位置に戻ります。

腹部には内蔵があり、衝撃から守ったりするために内蔵脂肪があります。

オナカやせの近道は、筋肉を鍛えることです。

脂肪が腹部にたまるのは、こうぞうが影響しています。

基礎代謝がひくいと、食べたご飯のカロリーがすべて消費されず、食べれば食べた分だけ太ってしまうとも言われています。

やせるとたのしめるファッションの幅がひろがりますし、じょせいらしい魅力がアップします。

オナカダイエットのために、日ごろから体を動かすようにしましょう
0

ヘルニアと姿勢の関係  


冷えにきく結構改善すとレッチ体の結構がよくなる方法を模索している方の中には、冷えになやまされている方も多いのではないでしょか。

みなさんもご存じのように、冷えは結構不良が原因となって起こることの一つとされています。

「かかとの運動」たっているじょうたいでかかとをあげさげします。
エステナードソニック 感想
このようなことから、冷えを解消するためには前進の結構をよくすることが大切となるのです。

しかし、結構不良が生じると血液循環がすむーずにおこなえなくなるため、血液循環のぽんプの役割を持っている心臓から遠い場所にある、足先や手先に冷えをかんじるようになるのです。

エレベーターのまち時間、かじの最中などたちしせいをしている時のちょっとした合間で行うことが出くる運動です。

結構のじょうたいがよく循環きのうが正常に働いている場合、血液が前進にすむーずに流れているため冷えをかんじるということはあまりありません。

動きにくさをかんじた方は、始めは手をつかって足首を回してあげると次第に動きがよくなってくるそうです。

そこで、気就いた時に簡たんにできるすとレッチをごしょうかいします。

ふくらはぎの筋肉が刺激することで血液を心臓へおくり返すはたらきが向上させることが出来ます。

出くることならひごろから生活の中に運動をとりいれる方法が一番理想的なのですが、日や時間をきめて行うのはナカナカ難しい部分があります。

しごとやかじの合間にぜひ試してみて頂戴。

「足首運動」足先を上げたり下げたりして足首のきんちょうをほぐすように動かします。

足首運動のように、足のかんせつのはたらきを向上させることは前進の結構をよくすることにつながりますので、定期的に行うようにしましょう
0




AutoPage最新お知らせ