沖縄社交ダンスの教室 レオン・エリ.ダ  


睡眠と骨盤のゆがみ自分が寝ている時にどんなたいせいかというのは、中々チェックしづらいものです。

ですが、睡眠じかんにどのような格好で寝ているかというのも、骨盤のゆがみを左右する大事なことです。

敷布団やマットレスにやわらかすぎるものをつかっていないでしょうか。

どうしても仰むけでは寝られないという人のなかには、寝具えらびに問題がある人もいるようです。

布団に入った時には正しい姿勢だったとしても、じゅくすいしてからおかしな寝方をしてしまう人もいますよね。
シースルーライト
あまりにも身体がぶかく沈みこむ寝具だと、身体のばらんすが取れなくなってしまい、寝づらいと幹事ます。

同じように枕えらびも大事です。

枕と骨盤のゆがみは関係がないようにも思えますが、枕の高さが遭わないと寝がえりが正しくうてず、身体全体に負担をかけることになります。

身体のばらんすを考えると、どちらにも同じだけ体重がかかる仰むけのほうが骨盤にいい影響を与えます。

ですが、いつも同じほうをむいて寝るという人がおおいはずです。

正しい寝具えらびをしないと、仰むけで寝づらいと幹事てしまうことがおおいのです。

右むきにならないと寝られないという人もいることでしょう。

慣れないうちは大変かもしれませんが、徐々にカエていけるといいですね。

できることなら横むきではなく、仰むけで寝るようにしましょう。

横むきで寝ると、どうしても身体の片側にだけ負担がかかってしまいますよね。

ある程度の固さがあり、身体をしっかりとささえてくれるものをつかったほうがいいでしょう。

身体全体のゆがみ改善のためにも、一度寝具を見なおしてみてはどうでしょうか
0




AutoPage最新お知らせ