姿勢 : 吉祥寺 アキュモ鍼灸治療院  


ごろねダイエットはなぜこうかがあるのかごろねダイエットは緩いダイエットでありながらもこうかが期待できるりゆうですが、なぜかんたんな運動だけでこれだけのこうかがあるのでしょうか。

まず、ごろねダイエットでは内臓布巾のインナーマッスルにはたらきかけるため、外からみえる筋肉が鍛えられるりゆうではありません。

つまり、筋肉の量の増加によるもののみでなく、内臓が活発にはたらくことできそ代謝が上がり、しょうひする熱量が増加するのです。

ごろねダイエットによるこうかというのは、単純に運動による熱量のしょうひだけでなく、体全体のとどこおりを改善することによって代謝が活発化され、きそ代謝をおし上げることで発揮されているのです。

しかし、ごろねダイエットをおこなうことで確実に体にへんかをもたらすということは、筋肉の発達以外にも何かこうかがあるということでしょうか。

また、寝たままストレッチをおこなうことで姿勢による歪みが改善されるので、体の歪みによって凝っていた筋肉もほぐされて血の巡りがよくなり、体全体のたいおんも上昇しやすくなります。

しかし普段の運動では鍛えられにくいインナーマッスルを鍛えることで、それらがささえている内臓のたいおんが上がり、内臓のはたらきも活発になります。

このため、分かりやすく筋肉が増えるということが無いのです。

確かに筋肉の量を増やせばしょうひする熱量が増えるため、ダイエットにつながるのですが、これだけ緩めの運動を毎日とはいえ数分おこなうだけで、げきてきに筋肉量が増えるとはかんがえられません。

もちろん運動そのものも重要ですが、ごろねダイエットの場合にはすぐにこうかが出る短期的な運動というよりも、ちょうき的につづけることによってふとりにくい体を創る体つくりといった側面が敷いといえるのです
0

この姿勢でヘコむようなことが考えられま  


スとれッチでしせいをなおすしせいをなおすためにスとれッチをとりいれるのも御すすめです。

他にも、左右のけんこうこつをくっつけるようにスとれッチしたり、腰に手を当てて身体を後ろにそらしたりする方法もあります。

いすに座ったままでもできる簡単な方法もあります。

一度に長じかんおこなうのではなく、つかれ立と思ったらすこしずつおこなうようにしてみるといいですね。

毎日はむりだっ立としても、何日かに一度はスとれッチをするじかんが取れるといいですね。

まず、手を後ろに組みましょう。

猫背の人は身体がつかれやすく、きづかないうちにスとれスをためてしまうものです。

きープすべき体勢をつくる時もゆっくり行ない、元の体勢に戻る時も同じようにゆっくりおこなうようにしましょう。

首のスとれッチをおこなう場合などもそうですが、勢いはひつようありません。

そのため、一気に共生しようとすると身体をいためてしまうかのうせいもあります。

まずはむりのない秒数を自分できめてから始めるといいでしょう。

背骨をのばすうごきとなる訳ですが、しせいをなおすひつようがある人は背骨が歪んでいたり曲がっている状態にあります。

それから、はじめから長じかんきープするのはやめたほうがいいです。

簡単な動作ではありますが、猫背の人は背中がこり固まっていたりするので、しせいをなおすためにもできるだけじかんを見つけてとりいれてみましょう。

そのまま手を下にぐーっと下げて15秒きープし、今回はその状態から掌を後ろにむけて上に引きあげて15秒きープします。

こうかをしっかり出すためには、呼吸をどめず、ふかくおこなうことも重要です
0

姿勢を意識して体を引き締める ダイエッ  


子供のしせいをなおす子供のうちからしせいが悪いと、大人になってからなかなかなおすことが出来ません。

ただ単に「見た目がかっこう悪いから」という訳では、子供は素直に従ってくれないかもしれません。

学校につけていくとなると、まわりからみえないとしても嫌がる子供が多いものです。

そのため、子供のしせいが悪いと幹事たら、親が注意をしてなおす手伝いをしてあげましょう。

はんこうしてわざと悪い体制で過ごしてしまうことも考えられるでしょう。

何年もそのじょうたいで過ごしてきたのに、いしきしてなおせといってもむずかしいのは想像出来るでしょう。

注意してもなかなか強制出来ない場合には、そういった強制あいてむを利用するといいかもしれません。

さいきんは、曲がった背中をなおすための子供用強制ベルトなども販売されています。

そうすれば、良いしせいをすればほめられると幹事ます。

そういった場合には、家にかえってきてからだけでも強制ベルトでしせいをなおす工夫をするといいですね。

ただ、あまりにうるさく言ってしまうと逆こうかになってしまうかもしれません。

そういったことをさけるためには、悪いすわり方やたち方を叱るより、良いすわり方・たち方が出来ていた時にしっかりほめてあげるようにするといいですね。

大人になってから大変であること、身体に各種のあくえいきょうを与えてしまうことなどをしっかりと説明しましょう。

さらに、子供が理解した上でどういったことに注意すればいいかを教えてあげるといいですね。

親が猫背だったりするとせっとくりょくがないので、じぶんが正しいたち方・すわり方が出来ているか先に確認しておくといいですね
0




AutoPage最新お知らせ