クラリネット A to Z ダメな姿勢  


ねこぜの種類しせいを治す必要があるとされる代表例が、ねこぜです。
トゥルースリーパーの低反発マット
足を組む癖がある人は、しせいがおかしくないか、治す必要がないかを注意したほうがいいですね。

まずひとつ目は、背中はそれほどではないものの、首が丸くなってしまっているじょうたいです。

ねこぜは、普段のしせいがおかしいために癖になってしまったじょうたいです。

ねこぜといっても、体全体が丸くなっているワケではなく、どこかを軸として丸くなっています。

特にデスクワークが多い人は、背中の中心や首からねこぜになってしまうことが多いです。

一般的に、椅子にすわるじかんが長い人はねこぜになりやすいと言われているので注意しましょう。

しかし、そんなねこぜにもいくつかの種類があることをご存じでしょうか。

そのちょうてんがどこにあるかを確認してみましょう。

自分が楽にしているじょうたいで体を横から見てみましょう。

しせいを治すよりも前に、自分の座り方やたち方がおかしくないかを確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

人から見てもらったほうがわかりやすいかもしれませんね。

そのときに自分の背中の一番丸くなっている部分がどこかを確認します。

多くの人がご存じだとおもいますが、背中が丸くなってしまっているじょうたいのことですね。

それが首なのか、背中の中心なのか、それとも腰なのかを確認しましょう。

腰からねこぜになりやすいのは、足を組んだりすることが多い人です。

そのため、どの種類のねこぜを治すとしても、自分がただしいたち方や座り方が普段から出来ているかが重要になってくるでしょう
0




AutoPage最新お知らせ