『モテたい…』と思ったときに試してみたい3つの姿勢  


ピアノが短きかんで上達するためのポイントについて、ごせつめいしていきますね。
fx 初心者 入門 リンク集
特に、独学でピアノをれんしゅうしていると、間違った変な癖がついてしまっていても、誰も指摘してくれませんから注意が必要です。

また、ピアノ初診者であれば、それぞれの指のしんけいを独立指せることも大事ですね。

ピアノを弾く時の基本的な指のぽじしょんやしせい、体のうごかし方など、注意すべきポイントはたくさんあります。

ピアノを挽いていない時も、トレーニングやストレッチなどをいって、指がおもい通りに動くように鍛えていきましょう。

ピアノを挽いている時の自分をどうがで撮影してチェックするなど、工夫が必要かも知れません。

そして、そのれんしゅうをより公立のいいものにするためには、やみくもにピアノを弾くのではなくて、自分にとってふとくいで退屈なことも含めて、れんしゅうしていく必要があります。

毎日のれんしゅうメニューをかんがえることも大事です。

人によってピアノをれんしゅうできるじかんにもちがいがあるとおもいますが、やはり、毎日欠かさずれんしゅうした方が上達することはいうまでもありませんよね。

中でも重要なのは、腕の力を抜くことと、けんばんをおす一瞬だけ指先に力をいれ、瞬時に抜くということでしょう。

これができないと腕などの故障につながってしまいますが、とても難易度が高い技術でもあります。

まず、ピアノが短きかんで上達するために、何よりも重要なことは、変な癖をつけてしまわないことです。

れんしゅう曲を弾くだけでなく、教則本などを仕様して指の運び方や音階をれんしゅうするじかんを必ずとりましょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ