報道されない『姿勢』の悲鳴 現地直撃リポート  


足を組むしせいについて足を組むしせいが癖になってしまっている人はとても多いですよね。

こうかんじている人の多くが、前のめりの体勢になっています。

たとえば薄手のクッションなどです。

背筋をピンとのばした状態では、足を組むとかえって疲れてしまったりするのです。
酵素ドリンク
そのため、「足を組む癖がついている人=身体が前のめりになっている人」ということであり、これは猫背に繋がります。

ですがこれは癖なので、自分で足を組まないようにいしきしているつもりでも、気付いたら組んでいたということもあるでしょう。

骨盤もひらいてしまうため、はやく直す必要があるでしょう。

そして、ちょっと力を入れないと、そのクッションがおちてしまう状態にしましょう。

特に女性に多くみられます。

毎回同じほうの足を上にして組む体勢だと、身体のばらンスはどんどんゆがんでしまいます。

沿ういったことをさけるために、膝と膝の間に何かをはさんでおくという方法もおすすめです。

しかし考えればわかることですが、足にとって負担になる体勢であるため、足を組むことは辞めたほウガイいでしょう。

自分にとって楽な体勢を捜した時に、自然に足を組むようになっていたという人もいるでしょう。

いっしょうけんめいいしきしてしせいを直すスとれッチをしているのに、気つけば足を組んでいたなんてことになると、そのこうかはちゃんとかんじられません。

こうしておけば、無いしきのうちに膝を組もうとするとクッションがおちてしまうので、いしきしてしせいを直すことができますよね
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ