プログラマでもできる姿勢  


おならにきくヨガおならにきくヨガがあります。

ヨガは長い歴史があり、細菌人気のフィットネス方です。

太もものうごきにも注意し、かふく部におしつけるように、そしてお尻ももち挙げていくのもポイントです。

そのまま膝を曲げて、りょうてで引き寄せるようにしながら膝を胸元まで引き寄せ、状態をおこしましょう。

やり方は、まず床にあおむけに寝ます。

この時に、息を大聴く吸い、吐く息にあわせて膝を引き寄せていきます。

両足をもちあげるのが難しい方は、片足ずつ煎っても良いですよ。

やりすぎはよくありませんから、気もち良さをかんじる程度にして、こきゅうは止めないようにします。

体を元の姿勢に戻すまでを1せっととし、5せっとほどおこなうとこうかてきとされます。

おならに良いのは「ガス抜きのポーズ」です。

やり方はおなじで、片足をこうごに5回ずつ行えば、こうかが得られます。

このポーズをすることで腸が刺激され、おならや便秘にとても有効とされます。

けんこうほうとしてもピッタリですので、おならかいしょうにぜひ煎ってみましょう。

ただし、けいついをいためているなどの問題があるのなら、いたみが悪化しないようにむりはせず、じょうたいをおこさずにおこなうようにしましょう。

こきゅう法にも気をづけながらおこなうためか、だいえっとこうかもきたいできるとあって、レッスンをうける方は年々増加しているようです。

よく出てしまう、ガスがたまってお腹が苦しいなどの悩みがあるなら、ヨガをしてスッキリしてみませんか。

おならで困っている方におすすめのヨガでしょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ