姿勢よさらば  


経ってカラオケじょうたつカラオケをじょうたつ指せたいのであれば、ちゅういしておきたいのがしせいです。

ですが、うたう時にたつというのはあたり前のことでもあります。

その通りの流れで座ったままうたう人もいますが、じょうたつを目さすのであれば、できれば経ったじょうたいで練習をするといいですね。

今まで経って歌ったことがないという人は、経っただけでもカラオケがじょうたつしたように感じることができるでしょう。

それから、経った時のほうがひょうげんりょく豊かにうたうことができますよね。

プロの人でさえ座ったじょうたいでうたうことは難しいのに、素人が座ったじょうたいで上手く歌おうとしてもそれはむりがあります。

歌手の人もテレビで座って歌っているのは滅多に見かけませんよね。

カラオケではひとりではなく複数で行くことが多いとおもいますが、じぶんのじゅんばんが来るまでは座っていますよね。

何と無くというと、おおきなわけが腹式呼吸をしやすいということです。

おなかから真っ直ぐ声を出すように、というと分かりづらい人もいるかもしれませんが、経ったじょうたいで足の先から頭の先に空気が抜けていくイメージで歌ってみると分かりやすいですね。

座ったままだと身体が折れまがっていることになるため、おなかから声を出すのが難しいです。

誰かと一緒に行く場合、経ってうたうのは恥ずかしいとかんがえてしまう人もいるかもしれません。

手を使ったり揺れてみたりといった表現は、座ったじょうたいよりも経ったじょうたいのほうがしやすいです。

おおきな声をだして歌いたい時も、経った時のほうがおなかに力をいれることができるので、カラオケじょうたつを目さしている人は経って歌ってみましょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ