魁! 姿勢塾  


結構のしくみをしろうかたこりや冷え性など、結構ふりょうが原因で起こる症状はさまさまあります。

結構を良くするためには、こういった内容をできるだけさけてきんにくの伸縮をスムーズに行なえるようにしておくことが大切なのです。

ちょっとして工夫で結構の改善は可能です。

いかがですか。

私達の体の中には血管がめぐっていて血液の循環をいっています。

このようなことから、結構を良くするためには血液が通る道である血管の動きをせいじょうにしておくひつようがあることがわかるでしょう。

血管の動きをせいじょうに保つためにはきんにくの働きがかかせません。

血液の循環は心臓から大どうみゃくへとながれだし大静脈からふたたび心臓に戻ってくるということをくりかえしています。

きんにくの伸縮が血液をおしあげる力になっているからです。

この血液の巡りのことを「結構」と言います。

この結構が良くなる悪くなるというのがどういうじょうたいかというと、血管が拡張して血液が流れやすい時が、結構が良くなっているというじょうたいです。

それを改善するために、体の結構を良くするための努力をと考えている方、または実践されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

きんにくは運動ふそくや長時間同じ刺青でいることなどでかたくなってしまいます。

結構のしくみがわかるとやるべ聴ことが見えてきませんか。

体の結構を良くする方法はさまさまありますが、それをこうりつ的におこなうためには結構のしくみを知らなくてはいけません。

一方、結構が悪くなっているじょうたいというのは血管が収縮して血液の通る道が狭くなっているじょうたいです。

結構のしくみについて簡単に解説していきますので、あなたの結構改善に是非やくだててちょうだい。

ごじぶんのできるところから結構改善の努力をはじめていきましょう
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ